経済産業省
文字サイズ変更

クール・ジャパン 官民有識者会議(第1回)‐議事要旨

日時:平成22年11月19日(金) 12:00~14:00
場所:経済産業省本館17階 国際会議室

出席者

座長

  • 福原義春  (株)資生堂 名誉会長

座長代理

  • 松岡正剛  編集工学研究所所長

民間委員

  • 生駒芳子  ジャーナリスト
  • 伊藤直樹  ワイデン+ケネディトウキョウ  エグゼクティブ・クリエイティブディレクター
  • 猪子寿之  チームラボ株式会社 代表取締役社長
  • 梅澤高明  A.T.カーニー株式会社 日本代表パートナー
  • 楠本修二郎  カフェ・カンパニー(株) 代表取締役社長
  • リシャール・コラス  シャネル株式会社日本法人代表取締役社長
  • 鈴木一義  国立科学博物館 理工学研究部 科学技術史グループ グループ長
  • 千金楽健司  (株)アパレルウェブ 代表取締役&CEO
  • 原研哉  日本デザインセンター 原デザイン研究所
  • エバレット・ブラウン  フォト・ジャーナリスト
  • 堀木エリ子  株式会社堀木エリ子&アソシエイツ 代表取締役
  • 吉川稔  (株)リステアホールディングズ 取締役副社長
  • 米澤泉  甲南女子大学講師

政府・関係機関

  • 経済産業省  大畠章宏大臣、田嶋要大臣政務官
  • 内閣官房(知的財産戦略推進事務局)  芝田政之次長
  • 総務省  武井俊幸審議官
  • 外務省  松本剛明副大臣、村田直樹広報文化部長
  • 文部科学省(文化庁)  林久美子大臣政務官
  • 農林水産省  田名部匡代大臣政務官
  • 国土交通省(観光庁)  小泉俊明大臣政務官、山田尚義審議官
  • 日本貿易振興機構(JETRO)  中富道隆副理事長

議事

  1. 設立の趣旨について
  2. クール・ジャパンの基本コンセプト、キーメッセージについて
  3. これまでの検討の経緯とクール・ジャパン戦略のねらいについて
  4. 関係府省の今後の方針について

議事概要

  • 日本は大きなものがたりを失っている。日本独自の方法によるシナリオ作り、文化産業政策を担うプロチームをつくっていくのが課題。
  • プロデューサーを育てる事が大切。また、世界性と強さを兼ね備えた、サブカルチャーを超越したメインストリーム文化をつくることが必要。
  • 統合的・継続的戦略の不在という政府の問題、資本力・人材力の不足という企業の問題を解決しなければならない。
  • 日本の文化政策は権威主義で、価値が確定したものだけに投資してきたが、若手の才能を育てることが必要。メディアの役割も重要。
  • 最後に人の心を動かすのはコミュニケーションとデザイン。また、ものがたりとプラットフォームが重要。日本もプラットフォームを輸出していくべき。
  • 日本の倫理観の違いがユニークさを生んだ。アニメを輸出すると言いながら条例などで規制をかけるのはおかしい。フェアユースも進めるべき。
  • クール・ジャパンという言葉を聞いたとき、違和感があった。クール・ブリタニアという言葉を真似していると感じた。日本的な言い方を考えたい。
  • 外食は国内市場主義的な産業。うまみや味覚は体感しないと共感を得られない。文脈やコンテクストをつくっていく流れが重要。
  • クール・ジャパンの発信において「文明にどう文化をまとわせるか」は重要な課題。「イキでエコ」のように、日本ができることを世界に発信すべき。
  • 外資ブランドのように、日本も戦略的になるべき。世界の富裕層が訪れるシンガポールや香港を皮切りに華僑・印僑ネットワークに展開すべき。
  • 日本は、石油はないが温泉がわいている。海と緑がある。アジアを横断的に動き回っている人の休息の方法を想定し、旅館を展開していくことが必要。
  • 伝統産業は最先端の技術と結びついて現代の生活にあわせるべき。日本独特の技術、職人の精神性、背景を表現することで、物語性が出てくる。
  • 才能とマネーの結びつきが重要。プロデュース能力をもつ人材の育成が急務。弱者救済ではなく投資をして、大きく稼ぎ、循環させる仕組みが大事。
  • 私たちは「かわいい」という言葉に対して無自覚でいすぎたのではないか。日本人の普通の女の子が発する言葉を理解し、世界に発信していくべき。

問い合わせ先

経済産業省製造産業局クール・ジャパン室
電話:03-3501-1750
FAX:03-3501-6782

関連リンク

 
 
最終更新日:2010年12月1日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.