経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

「安全運転サポート車」の普及啓発に関する関係省庁副大臣等会議(第1回)-議事要旨

日時:平成29年1月25日(水曜日)15時00分~16時00分 
場所:経済産業省本館12階省議室

出席者

経済産業省
高木経済産業副大臣、糟谷製造産業局長、河野自動車課長、奥田電池・次世代技術・ITS室長
国土交通省
藤井自動車局長、島自動車局次長、谷口自動車局総務課企画室長、久保田自動車局自動運転戦略室長
金融庁
越智内閣府副大臣、栗田総務企画局参事官
警察庁
井上交通局長、櫻澤交通局交通企画課長

議事概要

高木経済産業副大臣が開会の挨拶を行い、配布資料について説明が行われた後、構成員等により意見交換を行った。意見交換の主なポイントは次のとおり。

「安全運転サポート車」のコンセプト案

高齢運転者が起こしやすい事故を防ぐための先進安全技術を特定し、その機能を普及させるべきではないか。

普及啓発方策

  • 高齢者の方が先進安全技術について知り、体験する機会を設けることは一案。
  • 「安全運転サポート車」を高齢ドライバーへ訴求しやすいツールを使い、分かりやすく普及啓発することは一案。
  • 「安全運転サポート車」の導入により、どの程度安全性が向上するのか、ユーザーに分かりやすく普及啓発すべきではないか。

既存車への対策

  • 新しい先進安全技術が追加されたからと言って、すぐに新車に買い替えることが難しい高齢運転者の既存車への対策も課題だが、安全上の課題も踏まえ、慎重な検討が必要。

関連リンク

お問合せ先

製造産業局 自動車課
電話:03-3501-1690
FAX:03-3501-6691

最終更新日:2017年2月24日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.