経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会 保安分科会 ガス安全小委員会(第13回)‐議事要旨

日時:平成28年3月14日(月曜日)9時30分~11時10分
場所:経済産業省本館地下2階講堂

出席者

委員長
豊田委員長
委員
赤穂委員、秋山委員、梅村委員、大河内委員、折田委員、倉渕委員、早田委員、立原委員、辻委員、水流委員、冨田委員、久本委員、堀委員、三浦委員、安田委員、和田委員(松村代理)
オブザーバー
金子オブザーバー(一般社団法人日本ガス協会技術部長)
事務局
住田商務流通保安審議官、三木大臣官房審議官(産業保安担当)、岡野保安課長、大本ガス安全室長、藤本ガス市場整備課長、川原製品安全課長 他

議題

  1. ガス安全高度化計画のフォローアップ状況等について
  2. 平成26年度導管改修(経年管対策)実施状況について
  3. ガス安全高度化計画の見直しについて
  4. 都市ガス保安のスマート化に向けたガス事業者の取組について
  5. その他

議事概要

各議題の審議状況、委員の発言は以下の通り。

1. ガス安全高度化計画のフォローアップ状況等について

事務局より資料2-1、資料2-3及び資料2-4を説明し、金子オブザーバーより資料2-2についてそれぞれ説明があった後、委員より次の意見があった。

  • 資料2-2の耐震化率の評価に関し、産業界、学識経験者、行政で検討した。ポイントは、地盤変位と管の耐震性を比べると、従来の概算値より、もう少し高いレベルに耐震化率があった。2025年に90%という目標があり、それに向けて、無駄がないように、効率的に耐震化を進めるべきである。
  • 資料2-2の耐震化率の評価に関し、実態に即した判定方法の変更について異存はないが、新たに耐震化できていると判定するのであればその根拠となるデータはしっかり残していただきたい。
  • 資料2-1の保安広報に関し、内閣府や消費者庁と組んでホームページによる情報提供を行うことは良いことであるが、これらのページを需要家にもっと見てもらえるよう更に工夫が必要ではないか。
  • 資料2-1の安全高度化目標に関し、消費段階の事故は目標に到達しつつある反面、供給段階の事故は未だに指標と開きがある。これは他工事事故の発生件数が増加傾向にあることに起因していると思うので、事前照会の徹底等により、事故数を減少させるというより踏み込んだ対応を検討いただきたい。
  • 今後、都市ガスの小売が面自由化されてもガス小売事業者による自主保安活動が重要であるので、これらの取組について引き続き努力いただきたい。
  • 資料2-1の安全高度化目標に関し、今回の2020年に向けた計画は非常にすばらしいものなので、これまで日本が取り組んできた安全対策を他国にも提供することによる社会貢献活動も重要ではないか。

2. 平成26年度導管改修(経年管対策)実施状況について

3. ガス安全高度化計画の見直しについて

事務局より資料3-1、資料3-2、資料3-3及び資料4を説明した後、委員より次の意見があった。

  • 現場の作業者はガス安全高度化計画の達成に向けた高い使命感を持ちながらも、埋設経年管の改善について同意いただけない顧客との間で板挟みの状況に置かれている。今後も国におかれては、現場における改善折衝を後押し又は需要家の意識醸成につながる施策の検討をよろしくお願いしたい。
  • 公的施設の経年埋設内管について、改善が進まない要因について分析が必要ではないか。公的施設については、一定の段階を経た上で、危険性周知という観点から具体的施設名を公表することについて検討が必要ではないか。
  • 委員長より、議題3.の見直し案を諮ったところ、各委員から異議がなかったことから、見直し案は了承された。

4. 都市ガス保安のスマート化に向けたガス事業者の取組について

金子オブザーバーより資料5について説明があった後、委員より次の意見があった。

  • 最新機器を使用しながら訓練等を行うのはいいことではあるが、実際の訓練も含めて理解度を点検することができれば、より訓練等が活かされるのではないか。
  • 過去の地震による被害事例を調べようとしても緊急復旧のために掘り起こしたガス管の写真が残っていないことが多いので、応急復旧等の工事状況をビデオ等により残すのも良いのではないか。

5. その他

事務局より、資料6に基づき、ガスシステム改革後における保安規制の検討に関する今後のスケジュールについて説明があった。

三木審議官より、本日の貴重な御意見を踏まえ、ガス安全高度化計画、経年管対策及び産業保安のスマート化について着実に実施していく旨の発言があった。

また、事務局より、本日の議事要旨は事務局で作成しホームページ上で公開すること、議事録は委員に御確認いただいた後に公開する旨説明した。

以上

関連リンク

お問合せ先

商務流通保安グループ ガス安全室

 
 
最終更新日:2016年3月30日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.