経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会 保安分科会 液化石油ガス小委員会(第7回)‐議事要旨

日時:平成27年12月18日(金曜日)10時00分~11時30分
場所:経済産業省別館3階312各省庁共用会議室

出席者

委員長
橘川委員長
委員
天野委員、井伊委員、市川委員、大石委員、小野委員(松本代理)、北嶋委員(内藤代理)、越委員、小林委員、佐々木委員、冨田委員、堀口委員、増田委員(葉梨代理)、松村委員、丸茂委員(榎本代理)、山田委員
事務局
住田商務流通保安審議官、三木産業保安担当審議官、岡野保安課長、田久保石油流通課企画官、大本ガス安全室長 他

議題

  1. 認定販売事業者制度の有効活用に係る検討について
  2. 規制の整合化等に向けた検討について
  3. その他

議事概要

  • 事務局より各議題につき、資料に基づき説明。
  • 認定販売事業者制度の有効活用に係る検討について、当該制度の新たな認定要件等の検討の方向性について議論し、了承を得た。
  • 規制の整合化等に向けた検討について、検討の方向性について議論し、了承を得た。

委員からの主な意見

1.認定販売事業者制度の有効活用に係る検討について

  • LPガスの、他の業界では余り進んでいない集中監視システムを普及拡大していくことが消費者の事故の減少につながるものと考える。
  • 今回の集中監視制度における対象の拡大によって合理的な範囲でその規制のあり方を見直していくのは、大変意義がある。このような安全にかかわる制度は、国民の立場から見て納得してもらうことが大変重要。そういう観点から、十分理解してもらうという意味での知名度の向上は必要。
  • 集中監視システムはとてもいいことだと思うので、是非力を注いでいただきたい。
  • 愛称は大事だが、愛称が長いと思うので、短くしておかないと、消費者は覚えられないのではないか。
  • 優良認定事業者とはどういうものかということを消費者に知らせるときに、もう少し工夫ができると良い。

2. 規制の整合化等に向けた検討について

  • 従業員の教育等々においても、この機会に整合化をするということは、すっきりした形になるし、好ましいこと。
  • 本当に重要な内容を消費者にきちんと伝えるという点については、周知方法を含め工夫が必要ではないか。
  • 保安を高めるとコストがかかることが多いが、コストをかけて、ちゃんと保安を行った人が、消費者によって選ばれて、結局ビジネスもうまく回る。エネルギー全面自由化時代になったら、そういう回転を回すことが非常に大事ではないか。

3. その他

  • 事務局より、本日の議事要旨は事務局で作成し、ホームページに公開する予定であること、また、議事録は委員の皆様に御確認いただいた後に、公開する予定である旨の説明があった。

以上

関連リンク

お問合せ先

商務流通保安グループ ガス安全室
電話:03-3501-1672
FAX:03-3501-6544

 
 
最終更新日:2016年1月6日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.