経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会 商務流通情報分科会 伝統的工芸品指定小委員会(第1回)‐議事要旨

日時:平成25年11月29日(金曜日)9時30分~12時00分
場所:経済産業省本館17階第3特別会議室

出席者

委員長
宮田 亮平 東京藝術大学学長
委員
秋葉 和生 一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会常務理事
加藤 寛 伝統的工芸品アドバイザー
小山 織 インテリアスタイリスト
棚町 敦子 株式会社アシェット婦人画報社美しいキモノ
エディトリアル・スーパーバイザー
御手洗照子 有限会社ティーポット代表取締役
山内 雄気 同志社大学商学部助教
花岡 興史 株式会社九州文化財研究所取締役研究部長
大野 幾生 愛知産業大学造形学部デザイン学科教授
久保 智康 京都国立博物館名誉館員 叡山学院教授

議題

  1. 伝統的工芸品(秩父銘仙)の新規指定について
  2. 伝統的工芸品(山鹿灯籠)の新規指定について
  3. 伝統的工芸品(越前箪笥)の新規指定について
  4. 伝統的工芸品(岡崎石工品)の指定内容の変更について

議事概要

1. 伝統的工芸品(秩父銘仙)の新規指定について

  • 秩父銘仙の技術・技法の特徴や、伝統性の証明について説明。
  • 新規指定の意義・効果等について質疑応答。
  • 委員長が「秩父銘仙」を伝統的工芸品に指定する旨、商務流通情報分科会に意見具申することを各委員に諮ったところ、了承された。

2. 伝統的工芸品(山鹿灯籠)の新規指定について

  • 山鹿灯籠の技術・技法の特徴や、伝統性の証明について説明。
  • 新規指定の意義・効果等について質疑応答。
  • 委員長が「山鹿灯籠」を伝統的工芸品に指定する旨、商務流通情報分科会に意見具申することを各委員に諮ったところ、了承された。

3. 伝統的工芸品(越前箪笥)の新規指定について

  • 越前箪笥の技術・技法の特徴や、伝統性の証明について説明。
  • 新規指定の意義・効果等について質疑応答。
  • 委員長が「越前箪笥」を伝統的工芸品に指定する旨、商務流通情報分科会に意見具申することを各委員に諮ったところ、了承された。

4. 伝統的工芸品(岡崎石工品)の指定内容の変更について

  • 岡崎石工品の原材料の追加や原材料候補との類似性の証明について説明。
  • 原材料の枯渇状況等について質疑応答。
  • 委員長が「岡崎石工品」の指定内容の変更をする旨、商務流通情報分科会に意見具申することを各委員に諮ったところ、了承された。

関連リンク

お問合せ先

商務情報政策局 伝統的工芸品産業室
電話:03-3501-3544
FAX:03-3501-6794

 
最終更新日:2013年12月2日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.