経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 省エネルギー小委員会 自動車判断基準ワーキンググループ(第2回)-議事要旨

日時:平成29年3月22日(水曜日)16時00分~17時45分 
場所:経済産業省本館9階西8共用会議室

出席者

委員
塩路座長兼委員長、青山委員、大石委員、河合委員、草鹿委員、近久委員、津江委員、永井委員
オブザーバー
神岡オブザーバー(日本自動車工業会)、播磨オブザーバー(日本自動車輸入組合)
事務局
経済産業省 吉田省エネルギー課長、内藤省エネルギー課長補佐、平井省エネルギー課係長、荒井自動車課長補佐
国土交通省 西本環境政策課長、丸田環境政策課次世代自動車推進官、高井環境政策課自動車使用適正化対策官

議題

  1. 走行環境に応じた燃費表示の導入について
  2. とりまとめ(燃費表示方法)(案)について
  3. その他

議事概要

議題1.~3.について、資料に基づき事務局から説明を行った。主な審議内容は以下のとおり。

走行環境に応じた燃費表示の導入について

  • WLTCモードにより燃費が算定された自動車について、低速、中速、高速の各モード燃費の表示を今夏以降義務付けることについて了承された。
  • 各モードは、「市街地モード」、「郊外モード」及び「高速道路モード」と表現し、注意事項として、これらの説明を付記することについて了承された。
  • ただし、「郊外モード」の付記説明については、各委員の指摘を踏まえて事務局で再検討し、座長兼委員長一任とすることについて了承された。

とりまとめ(燃費表示方法)(案)について

  • 関連する諸施策について、自動車販売事業者に限らず、関係者と連携する必要があるとの指摘があった。
  • カタログ等の注意事項における郊外モードの説明について、議題(1)での指摘を踏まえ、修正を検討することとなった。
  • 今後、座長兼委員長一任の下で、取りまとめ(案)における上記2点の見直しを行い、パブリックコメント等の手続きを経て最終とりまとめ(案)を作成することとなった。

以上

関連リンク

お問合せ先

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 省エネルギー課
電話:03-3501-9726
FAX:03-3580-8439

最終更新日:2017年3月29日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.