経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会産業技術分科会研究開発小委員会(第8回)‐議事要旨

日時:平成16年7月7日(水曜日)10時00分~12時00分
場所:経済産業省本館17階国際会議室

出席者

小宮山委員長、赤池委員、東委員、安宅委員、梅田委員、大滝委員、大竹委員、小澤委員、川合委員、桜井委員、宍戸委員代理、菅野委員、杉本委員、田中一宜委員、田中弘夫委員、堤委員、東嶋委員、徳田委員、中辻委員、光川委員、三原委員、谷田部委員、山崎委員代理

議事概要

1. 今後の研究開発小委員会の審議の進め方について

資料3に基づき説明。特段の指摘事項無し。

2. 研究開発政策の現状について(フリーディスカッション)

資料4-1に基づいて説明。

〈委員からの主な意見〉

戦略について
  • 5-10年後の中長期戦略の作成を考えるなら、グローバリゼーションに対応したインフラが必要。
  • 異分野融合、組織連携での研究開発を促進するための具体的な議論がなされていない。
  • 中長期的な戦略を描くのであれば、官僚の人事システムを変えるべき。
  • エネルギー、電力、鉄鋼、化学といった既存の産業分野の戦略が抜けている。
省庁間連携について
  • 有効な成果を出すため、縦割り行政ではなく、最適な研究開発チームを構築しオールジャパンで行うべき。
  • 経済省とNEDO、IPAの様な縦の繋がりは分かるが、経済省と他府省との横の繋がりがよく分からない。例えば、ロボット開発については、経済省、総務省、何々省が実施しており、経済省では何々を重点的に行っている、という様に横の繋がりを記述するべき。
  • 関連分野において、各府省がどのような予算でどのようなプロジェクトを実施しているのか。
産学連携
  • 人材育成、産学連携の新しい取組が必要(サバティカル制度など)。
  • 産学連携を促進するため、例えば、産又は学が単独では研究資金の申請ができないような仕組みはどうか。
  • 産学連携については、広報を十分に行い広く理解に努めるべき。
中小企業
  • 6千億円の政府研究開発投資のうち、中小企業にいくら行き届いているのか。
  • 医薬品については、出口に当たる企業の規模が中小企業。この分野の受け皿である産業の育成が大切。

3. 技術戦略マップの作成について(フリーディスカッション)

資料5-1に基づいて説明。

(委員からの主な意見)

  • 今年度中に技術戦略マップを作るとのことだが、分野、作成スケジュールは適当か。
  • マップ作成の際に、評価しやすい既存事業が中心となってしまうのではないか。
  • マップの中で、技術者にやりがいのある視点を提供できれば、実際に研究開発を行う人たちの意欲が出る。
  • 環境分野、ロボット分野等では、社会の構造、法規制などの出口イメージを書くことが重要。
  • 目に見える技術開発に加えて曖昧模糊とした研究開発についても併せて進めるべき。
  • マップを含めた戦略をオープンにする場合、どのように行うか検討が必要。
  • 各技術を要素技術に分け、横軸を時間にしてマップの作成に成功した。要素技術のロードマップをそれぞれ作成し、技術連関図にして積み上げると全体ができる。
  • ソフトサイエンス、例えば携帯電話の着歌、着メロの様な市場創出型の技術については、マップに書きにくいので手立てを考えるべき。
  • 最初に原案を作る際の、委員の関わり如何。
  • マップについて、具体的な目標に近づいたのかフォローできるシステムを作るべき。
  • マップの作成過程では、産業界、学界の人を含めるべき。
  • 企業は企業機密については話さない。その対応法を考えるべき。
  • 経済省は各マップを知ることができる立場にある。経済省は各マップ間での調整をすべき。

4. 今後の進め方について

  • 人材育成、産学連携の進め方等、具体的な仕組みの議論も重要。このような仕組みについてもきちんとフォローすべき。

以上

関連リンク

お問合せ先

経済産業省産業技術環境局研究開発課
電話:03-3501-9221
FAX:03-3501-7924

 
 
最終更新日:2004年7月15日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.