経済産業省
文字サイズ変更

独立行政法人評価委員会(第50回)-議事要旨

日時:平成22年12月13日(月)14時30分~15時30分
場所:経済産業省第一特別会議室

出席者

木村委員長、小野委員、梶川委員、小泉委員、田中委員、鳥井委員、中村委員、松田委員、松山委員、平澤委員、室伏委員、森田委員

議題

  1. 独立行政法人に関連する最近の動向等について
  2. 経済産業省独立行政法人評価委員会運営規程第二条第二項に基づく報告について(中期目標期間終了時における組織・業務全般の見直し当初案)
  3. 中期目標期間終了時における組織・業務全般の見直し案について
    • (1)日本貿易振興機構
    • (2)経済産業研究所
    • (3)工業所有権情報・研修館
    • (4)製品評価技術基盤機構
  4. 独立行政法人評価委員会委員長の互選について
  5. 今後のスケジュールについて

議事概要

1.独立行政法人に関連する最近の動向等について

事務局から資料1、資料2に沿って説明を行った。

2.経済産業省独立行政法人評価委員会運営規程第二条第二項に基づく報告について(中期目標期間終了時における組織・業務全般の見直し当初案)

事務局から報告を行い、評価委員会として異存ない旨の了承を得た。

3.中期目標期間終了時における組織・業務全般の見直し案について

  • (1)日本貿易振興機構
    • 中期目標期間終了時における組織・業務全般の見直しについて事務局から説明し、部会長から補足説明があったが、特段の意見はなかった。
      見直し案については、委員会として異存ない旨の議決がなされた。
  • (2)経済産業研究所
    • 中期目標期間終了時における組織・業務全般の見直しについて事務局から説明し、分科会長から補足説明があった後、委員から以下の意見があった。
      • ○RIETIの目的は、経済産業政策の企画立案に役立つことが主たるミッション。客観的評価を考えていく際にも、政策立案への貢献度をどう測っていくかが重要。RIETIの研究成果が政策立案にどう反映されたかを検証するという旨を見直し案に盛り込む修正を考えていただきたい。
    • 委員からの意見を反映することをもって、見直し案については、委員会として異存ない旨の議決がなされた。
  • (3)工業所有権情報・研修館
    • 中期目標期間終了時における組織・業務全般の見直し案について事務局から説明し、分科会長代理から補足説明があった後、委員から以下のような意見があった。
      • ○民間企業等に対する研修の見直しの中で、「民間の判断に任せる」という文言があるが、具体的な取組がわかるように表現を修正すべき。
    • 委員からの意見を反映することをもって、見直し案については、委員会として異存ない旨の議決がなされた。
  • (4)製品評価技術基盤機構
    • 中期目標期間終了時における組織・業務全般の見直しについて事務局から説明し、部会長から補足説明があったが、特段の意見はなかった。
    • 見直し案については、委員会として異存ない旨の議決がなされた。

4.独立行政法人評価委員会委員長の互選について

室伏委員が委員長に選出された。

5.今後のスケジュールについて

事務局から資料4に沿って説明を行った。

問い合わせ先

経済産業省大臣官房政策評価広報課
TEL:03-3501-1042
FAX:03-3501-5799

関連リンク

 
 
最終更新日:2010年12月17日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.