経済産業省
文字サイズ変更

審議会・研究会

独立行政法人評価委員会(第1回)  議事要旨

日時:平成13年2月1日(木)14:00~16:30

場所:経済産業省本館17階西6第1特別会議室

出席者:岩村委員、梶川委員、木村委員、佐藤委員、杉山委員、鳥井委員、原委員、平澤委員、松元委員、宮内委員、高橋代理(宮原委員)、三輪委員、八木委員

議題:

  1. 中期目標について
  2. 評価基準について

議事概要:

冒頭、中山副大臣より挨拶があった。

  1. 委員長の互選について

    木村委員が委員長に選出された。

  2. 運営規程について

    会議は非公開とし、議事録は公開とした。

    独立行政法人評価委員会運営規程が了承された。

  3. 中期目標、評価基準について

    事務局から中期目標、評価基準、分科会での審議の概要について説明し、各分科会長から補足があった。

    委員からの発言は以下の通り。

    • 評価基準は統一的な方法を採らないでよいのか。
    • 経済産業研究所が、研究テーマの設定における研究者の自由度や外部意見を取り入れる仕組みの確保を図っている点は重要。
    • 経済産業研究所のテーマの選択は、他省庁を含めた外圧にとらわれず、自由にやってもらいたい。
    • 経済産業研究所の中期目標には、新規政策の導入や政策の改善のきっかけを作ったか、マスコミで積極的な政策論争を行ったかという指標を入れても良いのではないか。
    • 製品評価技術基盤機構の目標でゲノム解析について、数量以外の観点が必要ではないか。
    • (技術系の)研究テーマについては、民間と官との役割分担を考慮すべき。
    • 行政サービス実施コスト計算書のような形で予算の使途についてチェックすることも重要。
    • 剰余金の使途は、独立行政法人の経営努力に結びつけなければならないが、その経営努力をどうやって評価するのか各法人に検討いただきたい。
    • 各項目の評価をどのようにして総合評価にするかの検討が必要。
    • 産業技術総合研究所の中期目標では、領域という長期的視点にたった研究に適した目標と評価基準が必要ではないか。また、ベンチャーの起業や資産の効率的な運用という視点も重要ではないか。
    • 評価基準がA~Dというのは違和感がある。
    • 日本では、行政の政策や業績の評価というものは、まだ始まったばかりであり、信頼され定着できるような具体的な方法を検討していかなければならない。
    • 評価結果の表現については、一般的に馴染みやすいものとして債権の格付けに用いられているものがあるのではないか。
    • 英国の大学の評価の内容は、最初はひどいものだったが、10年経つと良くなった。現在では、評価制度にして良かったという意見が多くなった。
  4. 今後の進め方について

    追加で御意見いただく場合は、2月10日頃までに事務局まで連絡いただきたい旨説明。

(問い合わせ先)
大臣官房政策評価広報課
TEL:03-3501-1042
FAX:03-3501-5799

▲ 審議会全体トップ
最終更新日:2001.06.02
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.