経済産業省
文字サイズ変更

独立行政法人評価委員会(第45回)-議事要旨

日時:平成22年2月22日(月)10:30~11:30
場所:経済産業省本館17階西7、8(第一特別会議室)

出席者

木村委員、伊丹委員、岩村委員、榎本委員、小野委員、梶川委員、坂本委員、鳥井委員、中村委員、早川委員、室伏委員、森田委員

議題

  1. 産業技術総合研究所の次期中期目標について
  2. 今後のスケジュール等について

議事概要

1.産業技術総合研究所の次期中期目標について

事務局から見直し案について説明した後、委員から以下のような指摘があった。

委員
日本は高い技術をもっていても、ビジネスで負けてしまう。研究開発だけでなくマーケット戦略も考えて行くべき。また、契約を行う際に、一般競争入札を行わなければならないことによって、契約額が逆に高額になってしまう場合もあり、一般競争入札が良いとは限らない。
委員
仕分け的手法を用いた決算等の評価も必要ではないか。また、海底資源の確保等、資源の確保にも力を入れるべき。
委員
地域活性化と国際競争との関係をわかりやすく整理して行くべき。
委員
仕分けで議論のあった産総研とNEDOの連携については、今回の中期目標案には入っているのか。
部会長等及び事務局
独立行政法人の抜本的見直しは、閣議決定に従って今後実施することとなっているが、今後のスケジュールは未定であり、中期目標期間終了時の見直しは、現行のルールに基づいて行っているところ。
委員
公的研究機関として、やるべきことを盛り込み過ぎている気がする。産総研で行うべき業務のみに絞り込み、本来、産総研で行うべき業務ではないものは削るというように、もっとメリハリをつけてはどうか。
部会長等及び事務局
産総研が行ってきた業務の成果は大きい。一概に業務を削除すべきとは言えない。

産業技術総合研究所の中期目標については、委員長に一任することをもって、評価委員会として異存ない旨の了承を得た。

議題2.今後のスケジュール等について

事務局から今後のスケジュール等について説明した。

問い合わせ先

大臣官房政策評価広報課
TEL:03-3501-1042(内線2261)
FAX:03-3501-5799(内線8226)

 
 
最終更新日:2010年2月25日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.