経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会産業技術分科会評価小委員会(第1回)‐議事要旨

日時:平成13年4月20日(金曜日)10時00分~12時00分
場所:経済産業省別館10階T12会議室

議事概要

  1. 事務局より、評価小委員会の運営、傘下のワーキンググループの設置等について報告し、了承を得た。
  2. 経済産業省技術評価指針の改訂に関して
    標記についての議論がなされ、経済産業省評価指針改訂案に対し、委員から以下のような意見があった。
    • 最終的には「社会」が評価することになる、総合的にこの開発が社会にどう生かされてくるかといった視点がこの評価指針の前提にくる必要があるのでないか。
    • プログラムを政策として実施していく前の事前評価を行おうといった際に行うワークショップの前に十分な調査分析を行う必要がある。
    • この小委員会の親委員会である産業技術分科会において「選択と集中」という言葉が盛んに出てきた、評価においてもメリハリをつけていくべきでないか。また、プロジェクトの評価だけでなくプロジェクト間のヨコの評価が必要ではないか。
    • 将来どういった社会にしたいのか、それが30年後、10年後どうなるのかかといったビジョンが必要なのではないか。
    • 評価者として、大学の先生とかばかりでなく事業家等を加えて行っていくべきでないか。
    • R&Dがどういった新しいサービスを生んだか、研究開発の成果というものがどのように社会に対し役に立ち、どう世の中を変えていくかといった観点から評価をしていくことが重要でないか。
  3. 分野別評価の検討状況について
    標記についての議論がなされ、分野別評価の検討状況に関し、委員から以下のような意見があった。
    • この分野別評価の結果といったもを是非政策に反映させてほしい。
    • それぞれの分野で将来ビジョンといったものを作っていくべきでないか。
    • 社会の負担といった観点から新しい技術開発が見えてくるのではないか。
  4. 平成12年度に実施した重要事業のモニタリング評価結果ついて
    標記についてワーキンググループの鳥居座長より報告があった。

関連リンク

お問合せ先

産業技術環境局 技術評価調査課
電話:03-3501-0681

 
最終更新日:2001年6月2日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.