経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会産業技術分科会評価小委員会(第3回)‐議事要旨

日時:平成13年8月27日(月曜日)10時00分~12時00分
場所:経済産業省別館5階501会議室

出席者

末松小委員長、池村委員、伊澤委員、大見委員、小野田委員、小出委員、後藤委員、嶋口委員、鈴木委員、冨田委員、西川委員、長谷川委員、畑村委員、馬場委員、平澤委員、前川委員、山地委員、吉本委員、
石黒評価WG座長(超電導応用基盤技術研究開発評価WG)
大久保評価WG座長(人間行動適合型生活環境創出システム技術評価WG)
菅野評価WG座長(超先端電子技術開発促進事業評価WG)
永井評価WG座長(複合糖質生産利用技術評価WG)

(事務局)宮澤技術評価調査課長、竹中企画調査官他

議事概要

1. プロジェクト評価WG結果について

超電導応用基盤技術研究開発評価WG、人間行動適合型生活環境創出システム技術評価WG、超先端電子技術開発促進事業評価WG、複合糖質生産利用技術評価WGの評価結果の概要について、各座長から説明がなされた。

委員からの主な意見は以下のとおり。

  • プロジェクトの達成度を評価する際は、論文の引用度や特許の数だけでなく、質の測定もすべき。
  • 個々のプロジェクト評価結果情報を、さらに簡潔にまとめて頂きたい。
  • 評点法の結果をプロジェクト相互間で比較できるよう検討されたい。
  •  プロジェクトのマネジメントがしっかり行われているかを評価すべき。
  • 国際比較の評価も必要ではないか。

2. 経済産業省技術評価指針の改訂ポイント(案)について

経済産業省技術評価指針の改訂ポイント(案)について事務局から報告を行った。

委員からの主な意見は以下のとおり。

  • 施策評価で重要な視点は追跡評価であると思うため、施策の追跡評価の体制強化を検討すべき。
  • 施策評価では、上部の戦略・計画延いては経済産業省のミッションに照らし評価することも重要である。
  • 企業の視点では、良い研究開発結果を得ても、競争相手がそれ以上の研究開発結果を出している場合、当該研究開発は失敗も同然である。このような視点も国は持つべきではないか。
  • 新しい分野を拓く評価をして頂きたい。
  • 評価結果だけでなく、プロジェクトの意志決定過程による変遷の経緯も記述すべき。
  • 評価のための評価にならないように簡略化できるところは、簡略化すべき。一方で評価に協力的でない研究者に対しては、国の研究開発評価に協力する義務を付すべきでないか。

関連リンク

お問合せ先

産業技術環境局 技術評価調査課
藤沢、宮元
電話:03-3501-0681

 
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.