経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会産業技術分科会評価小委員会(第7回)‐議事要旨

日時:平成15年7月10日(木曜日)14時30分~17時30分
場所:経済産業省別館9階944号会議室

出席者

鈴木小委員長、池村委員、大見委員、小野田委員、冨田委員、長谷川委員、畑村委員、馬場委員、平澤委員 

(事務局)杉山技術評価調査課長、原田評価企画調査官他

議事概要

1. プロジェクト評価結果について(審議)

「研究開発プロジェクト評価結果の概要(案)」及び「プロジェクト評価報告書(案)」に基づき、3件のプロジェクト評価結果について原課から説明がなされ、了承された。

委員からの主な意見は以下のとおり。

  • 「地層処分技術調査等委託費」
    →原子力関連の技術開発については、過程を含め国民に理解できるような情報公開の仕方を工夫してほしい。
  • 「航空機用先進システム基盤技術開発」及び「次世代超音速輸送機開発調査」
    →航空機関係の技術開発は、航空宇宙関係の他機関との連携についても評価することが必要
    →一般論として、プロジェクトを立ち上げる際、「うまくいかない場合」も想定しておく必要がある。

2. WGの廃止について(審議)

「地域活性化創造技術研究開発事業制度WG」の廃止について、事務局から説明がなされ了承された。なお、今後は、WGを設置する際に予め役割を終えたら自動的に廃止されることとし、小委員会の承認を必要としないことも併せて了承された。

3. 施策評価結果について(報告)

「政策評価(事後評価)概要及び評価書(案)」に基づき、4件の政策評価について事務局から報告がなされた。

委員からの主な意見は、以下のとおり。

  • 「産業技術人材育成施策」
    →MOTの補助対象になった大学等が円滑に事業をスタートできるよう事前に資金を交付してもらいたい。
    →交付案件のクオリティを確保するシステムを検討してもらいたい。
  • 「非鉄金属技術開発施策」
    →材料研究を扱う企業の中には、海外におけるパテントに対する理解が乏しいところもあるので、今後、その点について指導していってほしい。
  • 「住宅産業関連施策」
    →施策の中で開発された技術を各社で共有していけるようにしていくことが重要。
  • その他
    →一般論として、国が実施するプロジェクト間の連携の強化を強く希望する。

関連リンク

お問合せ先

産業技術環境局 技術評価調査課
榎本
電話:03-3501-0681

 
最終更新日:2004年4月1日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.