経済産業省
文字サイズ変更

審議会・研究会

独立行政法人評価委員会技術基盤分科会原子力安全基盤機構部会(第2回)  議事要旨

 

原子力安全・保安院企画調整課
独立行政法人設立準備室

 

1.日時:平成15年7月1日(火)15:00~16:30

 

2.場所:経済産業省別館10階1036会議室

 

3.出席者:秋山部会長、遠藤委員、班目委員、和気委員

 

4.議題:

1)独立行政法人原子力安全基盤機構の中期目標(案)のパブリックコメント結果について

2)独立行政法人原子力安全基盤機構の中期目標(案)のパブリックコメント結果を踏まえた修文案について

3)独立行政法人原子力安全基盤機構の評価基準(案)について

 

5.議事概要:

(1)議題1及び2について

事務局から、パブリックコメントの概要及びパブリックコメントに対する保安院の見解を説明した。引き続き、パブリックコメントを踏まえた中期目標案の修文案について説明した。質疑応答の後、一部修文案を訂正し、評価委員会にかけることについて了承された。主な意見等は以下の通り。

遠藤)機構は、法律により検査以外の手数料事業は禁止されていると言うことだが、他の独法でも一般に手数料収入をあげるような事業は禁止されているのか。

←各法人毎に法律で業務が規定されているので、個々に異なる。

班目)修文案に「放射線の放出」とある。放射性物質の放出は分かるが、放射線の場合、放出は言葉として馴染まないと思う。

←原子力災害対策特別措置法の「原子力緊急事態」の定義によっている。

班目)発電技検等で実施していた、溶接検査等の手数料事業の検査は機構に移管されるのか。

←指定検査機関制度下で民間において実施していた検査等については、検査は存続するが、指定検査機関制度が廃止され実施主体が機構へ移る。

和気)機構にリスクマネイジメントシステムを構築するとする修文案で、「国際的な動向を踏まえ」とは何を意図するのか。不要ではないか。

←ISOでリスクマネイジメントに関する指針策定等の検討が進んでいる。これらを踏まえて対応していきたい。

和気)航空機業界、医療業界等リスクマネージメントシステムを構築する知見は既に十分ある。あえて「国際的動向を踏まえ」と強調する必要はない。

←当該箇所は削除する。

遠藤)この中期目標で安全文化は、どこに明示されているのか

←安全文化は安全規制を行う機構において不可欠。このため、中期目標の組織運営等において取り上げている各項目において、原子力安全確保のためという目的を明記するようにした。

 

(2)独立行政法人原子力安全基盤機構の評価基準(案)について

事務局から、評価基準(案)について説明を行った後、質疑応答を行った。委員からの意見等を踏まえて、評価基準案を修文し、評価委員会にかけることについて了承された。主な意見は以下の通り。

班目)全体の評価指標に効率化が入ってくるのはいかがなものか。安全規制を行うような機構に対して適切なものか。

←効率化の指標は、効率化に関する目標を掲げている部分に適用されるものであり、全ての項目について効率化指標で評価しようとするものではない。

遠藤)財務内容に関する評価はどうするのか。

←先行独法では、法人の性格に応じていろいろやり方が有るが、各項目毎に評価を行い、ウエイト付けをした上で総合評価を行うのが一般的。

和気)検査のようなものは、結果のみでは、達成の度合いが判断できない。公正・中立性をどのように担保したのかを見たい。プロセスが示されることが重要ではないか。他の事業においても、社会変化の状況を勘案すべきとするなら、それをどのように捉えて対応したのかを示すことが評価上も必要である。

←プロセスも含み達成の度合いを評価いただくつもりである。機構における意志決定プロセスが見えるような形にしたい。評価基準の2.考慮事項の構成と表現をこの点明確になるように修文する。

遠藤)緊急時の対応については、機構に必ず国から対応についての指示が来るのか。指示にあった対応だけを行うのか。

←機構は経済産業大臣の指示の下に活動することとなる。機構の判断で国に対して提言等を行うことは可能であり、これも評価の対象となる。

 

(3)その他

・中期目標案については、7月7日の評価委員会において審議、評価基準案については9月上旬の評価委員会で審議の予定。

・次回は8月下旬、中期目標、役員報酬規定等を審議予定。


▲ 審議会全体トップ
最終更新日:2004.04.01
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.