経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会伝統的工芸品産業分科会(第1回)-議事要旨

日時:平成13年6月6日(水曜日)14時00分~16時00分
場所:経済産業省第三特別会議室

出席者

別紙1「伝統的工芸品産業分科会名簿」参照

議題

  1. 分科会長の互選
  2. 伝統的工芸品産業の振興に関する基本的な指針の一部改正について
  3. 法律改正の報告
  4. 指定小委員会の設置について
  5. その他

議事の経過

事務局から各委員を紹介。岡本製造産業局長の挨拶の後、議題に係る審議等が行われたが、その概要は以下のとおり。

(1)「分科会長の互選について」

分科会長に西崎委員を互選した。

(2),(3)「伝統的工芸品産業の振興に関する基本的な指針の一部を改正する指針について」及び「法律改正の報告」

事務局から説明及び報告。

〔審議〕

  • 当該指針(案)については、昨年度の基本問題検討委員会での意見が項目別によくもりこまれている。
  • 伝統的工芸品を消費者が何処で買えるのか知らないままでは困るので、産地のほうでも消費者に知ってもらうための努力をすべき。
  • 次を説明して欲しい。
    1. 任意団体が指定の申出を出来るとする新スキーム
    2. 伝統的工芸品の海外展開
    3. 伝統的工芸品と新商品開発

1. については産地を代表するような大きな任意団体であれば指定の申出が出来、また振興計画も作成できること、

2. については需要開拓は国内だけではなく、海外も大切であること、

3. については伝統的工芸品の技術を活用した新商品の開発は、今後特に大切であること、等について事務局より説明

  • 活性化計画の中身は良いが、地方によっては、財政事情の逼迫のため補助金を出せない自治体もある。
  • 伝統的工芸品センターの移転にあたっては、入りやすい設計にすべき。
  • 学校等で子供達が伝統的工芸品を体験出来る場があれば良いと思う。(平成13年度予算において児童・生徒に対する伝統的工芸品教育事業として1.5億円を計上と事務局より説明)
  • 新しい方向を描き、新しい事をしたら画期的な事がおこる。向いている方向が大切。

「伝統的工芸品産業の振興に関する基本的な指針の一部を改正する指針」は了承。

(4)指定小委員会の設置について

事務局より、指定小委員会は伝統的工芸品の指定等について調査審議を行う場であることを説明。

伝統的工芸品産業分科会に指定小委員会を設置することを決定。

指定小委員会の委員については分科会長が指名。
別紙2「伝統的工芸品産業分科会指定小委員会名簿」参照)

(5)その他

事務局より、平成13年度予算について説明。その後自由討議。

  • 児童・生徒に対する伝統的工芸品教育事業は、経済産業省と文部科学省だけでなく、現場が動かなければ成り立たない事業なので、フォローが大切。
  • 伝統的工芸品は、アフターサービス(アフターケア)が大切。きちんと対応すべき。

以上

本議事要旨は、暫定版であるため今後修正があり得ます。

別紙1

伝統的工芸品産業分科会名簿

平成13年6月6日

分科会長
西崎 清久 (財)林原美術館館長 出席
委員
縣 良二 サンケイリビング新聞社編集局長 出席
新井 實 日本伝統工芸士会副会長 出席
荒巻 禎一 京都府知事 欠席
井上 和雄 日本百貨店協会副会長 欠席
伊原 巌 商工組合中央金庫理事 出席
岩崎 隆 (株)ノリタケカンパニーリミテド社長 出席
上野 和彦 東京学芸大学教授 出席
大内 順子 ジャーナリスト 出席
川村 智恵子 (社)日本消費者生活アドバイザー、コンサルタント協会常任顧問 出席
菊池 広志 岩谷堂箪笥生産協同組合理事長 出席
城戸 真亜子 画家 出席
木村 ふみ (株)エデュウス代表 出席
クニエダ ヤスエ テーブルコーディネーター 出席
柴田 保弘 ハリオグラス(株)社長 出席
平良 美恵子 喜如嘉芭蕉布事業協同組合理事長 出席
引田 征治 (株)博報堂常務 出席
日野 永一 実践女子大学教授 欠席
松尾 正洋 NHK解説委員 出席
三澤 千代治 ミサワホーム(株)社長 欠席
宮崎 清 千葉大学教授 出席
山本 寛齋 デザイナー、プロデューサー 出席
四津井 宏 伝統工芸高岡銅器振興協会理事長 出席
渡邉 隆夫 (財)伝統的工芸品産業振興協会会長 出席

別紙2

伝統的工芸品産業分科会指定小委員会名簿

平成13年6月6日

小委員長
日野 永一 実践女子大学教授
委員
宮崎 清 千葉大学教授
松尾 正洋 NHK解説委員
大滝 幹夫 文星芸術大学教授
荻野 克彦 (有)荻野デザイン事務所代表
加藤 寛 東京文化財研究所修復技術部伝統技術研究室長
専門委員
内野 健一 九州大学教授

関連リンク

お問合せ先

製造産業局 伝統的工芸品産業室
担当者:長井、前田
電話:03-3501-3544
FAX:03-3501-6794

 
 
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.