経済産業省
文字サイズ変更

独立行政法人評価委員会 日本貿易保険部会(第37回)‐議事要旨

日時:平成25年6月5日(水)15時~17時
場所:経済産業省 本館17階 国際会議室

出席者

委員
安念委員、清水委員、寺村委員、伴委員
事務局
小野貿易保険課長、鮫島貿易保険課長補佐、他
独立行政法人日本貿易保険
板東理事長、和田理事、稲垣理事、大岩監事、坂口総務部長、他

議題

  1. 平成24年度の業務実績について
  2. 平成25年度の年度計画について
  3. 日本貿易保険の業務の実績の評価基準の改正について
  4. 日本貿易保険役員退職手当支給規則の改正について

議事概要

1. 日本貿易保険より「平成24年度の業務実績について」の説明、事務局より平成24年度日本貿易保険の業務実績評価に当たって参考とする関係者の意見等について報告を行い、各委員からの質疑を行った。

質疑等

委員
保険種別の引受件数がわかる資料をご用意いただくことは可能か。
NEXI
承知した。
委員
引受実績が減少したのはなぜか。欧州債務危機等経済状況の悪化が関係しているのか。
NEXI
経済状況の動きと連動しているものと考えられる。NEXI は包括保険制度があり、日本企業の活動の結果という受動的な部分がある。NEXIの引受方針等が変わったわけではない。
委員
保険金支払い額が減少しているのは保険事故がなかったということか。
NEXI
昨年度は事故が起きなかったわけではないが、例えば欧州債務危機等、事故は起きたが、少しずつ回収を行う等して、支払いに至らなかったものもあった。ただし、事故残高はあり、これから請求される可能性もある。
委員
貿易保険利用者アンケートで「高く評価できる」の回答が減っているが、ここ数年で貿易保険ユーザの上位200社の構成に大きな変化はあったのか。
NEXI
200社の構成にほとんど変化はない。この結果は、お客様からのNEXIに対する警告であると認識している。既存の顧客に対するフォローを強化しなければならない。
委員
支払保険金は減少しているのに、支払備金を積み増ししたのは、これから支払いが発生するためという認識でよろしいか。
NEXI
イランやベネズエラ案件で支払い延滞の増加、また、欧州債務危機の信用事故に備えて積み増している。
委員
NEXIは体制の限界を迎えている一方で、サービスの向上も求められている。貿易保険利用者アンケートでも人員強化要望があり、マーケットニーズに対応するためには専門性、人員強化が必要だが、委員の評価を人員の強化につなげることはできないのか。
事務局
中期計画に盛り込んで財務省に協議することもできるが、独立行政法人制度の下ではなかなか難しい。現在、経協インフラ戦略会議で政府系金融機関の強化が話合われているので、そこの議論次第で人員強化が実現できる可能性がある。

2. 日本貿易保険より「平成25年度の年度計画について」の概要について説明し、各委員からの質疑を行った。

質疑等

委員
内容がかなり網羅的になっているが、重点的にできないものなのか。中期計画に沿ってということだと思うので仕方が無いのかもしれないが。
NEXI
中期計画に沿って年度計画を立てているのでそうなっているが、評価の段階で重点的に評価を行うということがあってもいいと思う。

3. 事務局から、「独立行政法人日本貿易保険の業務実績の評価基準の改正について」を説明し、評価基準について委員との議論を行い、評価基準の決定を行った。

4. 事務局から、「日本貿易保険役員退職手当規則の改正について」説明し、各委員からの質疑を行った。

質疑等

委員
金融業が他業種よりも給与水準が高いのは、世の中では一般的であり、有能な人材を確保する上では当然のことである。独立行政法人であるからと言って、金融機関であるNEXIまで他独法や国家公務員と横並びを取らなければならないということに疑問を感じているということを、日本貿易保険部会の意見として大臣にお伝えいただきたい。

最後に事務局から、次回は7月2日(火)に開催予定である旨説明。

以上

関連リンク

お問合せ先

貿易経済協力局 貿易保険課
電話:03-3501-6979
FAX:03-3501-0926

 
 
最終更新日:2013年7月17日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.