経済産業省
文字サイズ変更

独立行政法人評価委員会日本貿易保険部会(第23回)-議事要旨

日時:平成20年7月10日(水)13:00~14:40
場所:経済産業省本館17階国際会議室

出席者

委員:
岩村部会長、阿部委員、清水委員、伴委員、横田委員

独立行政法人日本貿易保険:
今野理事長、大林理事、加藤理事、西川監事、後藤総務部長、和田債権業務部長、塩次営業第一部長、村崎営業第二部長、竹上審査部長

事務局:
岸本貿易保険課長、川上貿易保険課長補佐 他

議題

  1. 平成19年度決算について
  2. 平成19年度業務実績評価について
  3. 産業構造審議会貿易保険小委員会とりまとめ案について

議事概要

  1. 日本貿易保険後藤総務部長から、平成19年度財務諸表について説明し審議したところ、意見なく部会として了承を得た。
  2. 日本貿易保険関係者が別室に退席後、各委員評価を取り纏めた平成19年度業務実績評価案をもとに、委員による審議。

〔評価項目毎の主な意見等は以下のとおり。〕

1.国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上

以下のとおり。
 

(1)商品性の改善

  • 付保選択制の導入等商品性の改善を評価。
     

(2)サービスの向上

  • 特になし
     

(3)利用者のニーズの把握・反映やリスク分析・評価の高度化のための体制整備

  • 商品性の改善の余地が少なくなってきている中で商品性の改善が進んだのは、利用者のニーズを十分に把握した結果とも言える。
     

(4)重点的政策分野への戦略化・重点化

  • 特になし
     

(5)民間保険会社による参入の円滑化

  • 民間保険会社との販売委託は前年度比30%の伸びを示しており、積極的に参入を促す取組をしていることを評価。
     

2.業務運営の効率化

以下のとおり。
 

(1)業務運営の効率化

  • 業務費削減や人員削減について、ほぼ目標どおり取り組んでいることは評価。
  • 一方、委託契約については、随意契約比率が依然として高いが、随契の太宗は業務の根幹となるシステムに関するものであり、民間の経営判断としてみれば妥当な面もある。件数や金額など形式的な数値だけで評価するのは疑問である、20年度に向けてできる限りの対策を講じつつあるという点は挙げられるが、19年度の実績そのものだけを見る限り十分とはいえない。
     

(2)次期システムの効率的な開発及び円滑な運用

特になし
 

3.財務内容の改善

(1)財務基盤の充実

特別損失が発生したが、会計制度の変更によるものであり、キャッシュフロー上は問題なく健全な財務内容と評価。
 

(2)債権管理・回収の強化

特になし
 

4.総合評価

  • 資源の安定供給確保のための資源エネルギー総合保険の引受開始及び引受枠の拡大等の商品性の改善、国の政策との連携が図られた事業実施等、サービスの向上がなされたことは評価できる。
  • 一方で業務運営の効率化については、19年度の実績そのものだけを見る限り十分な改善努力が見られていない。
     

以上の意見も踏まえ審議の結果、平成19年度業務実績評価を以下のとおり部会決定とし、岩村部会長から日本貿易保険に対しその結果を伝えた。

 

1.国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上:A

(1)商品性の改善:A
(2)サービスの向上:A
(3)利用者のニーズの把握・反映やリスク分析・評価の高度化のための体制整備:B
(4)重点的政策分野への戦略化・重点化:A
(5)民間保険会社による参入の円滑化:A
 

2.業務運営の効率化:C

(1)業務運営の効率化:C
(2)次期システムの効率的な開発および円滑な運用:B
 

3.財務内容の改善:A

財務基盤の充実:+
債権管理・回収の強化:A
 

4.総合評価:B

(3)岸本貿易保険課長から産業構造審議会貿易保険小委員会とりまとめ案について報告。


[質疑]

  • 中間とりまとめ案を読む限り、特殊会社のガバナンスは会社法に基づき経営者による機動的な意思決定を可能とするとあり、民間企業に近い形で行われると読める一方、政府100%出資会社であれば制約条件が想定される。意思決定のプロセスにより高い透明性が求められる。ここはどのように考えればよいのか。

    →経営の自由度を高める以上、意思決定について十分情報開示を行うこと等が重要となると思う。いずれにしても、制度設計は現在検討中である。
     

以上

 
 
最終更新日:2008年8月6日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.