経済産業省
文字サイズ変更

独立行政法人評価委員会工業所有権情報・研修館分科会(第22回)-議事要旨

日時:平成22年6月30日(水)14:00~17:00
場所:特許庁特別会議室(特許庁16階)

出席者

早川分科会長、生方委員、高田委員、松田委員

議題

  1. 平成21年度財務諸表について(審議)
  2. 平成21年度業務実績報告及び業務実績評価について(審議)
  3. 自由討議

議事概要

1. 平成21年度財務諸表について

工業所有権情報・研修館から、平成21年度の工業所有権情報・研修館の財務状況の概要について説明、分科会で承認された。

2. 平成21年度業務実績評価について

工業所有権情報・研修館から、業務運営の効率化、事業毎の業務実績、財務内容、その他業務運営に関する重要事項について説明。委員からは「法人の第一の使命である日常業務の着実な遂行を完璧におこなっている点を高く評価。また、社会の今後の変化に迅速に対応するための施策を次々に準備・実施している点について役職員の真摯な取組に敬意を表する。」「本来のミッションに照らし、質の高いサービスが効率的に提供されており、いくつかの業務は既に成熟の域にある。今後は、次期中期目標・計画期間を見据え、未成熟な領域(知財を活用した目に見えるイノベーションの創出等)をどのように成長させるか踏み込んだ検討と実行が求められる。」「全体を通じて堅実かつ効率的な運営がなされている。充実した情報提供及び特許庁との連携に基づく質の高い研修・講習会による人材育成は、何れもユーザーから好評を得ているところから、情報・研修館ならではの基幹業務として高く評価できるとともに、将来にわたるさらなる質・量の充実を期待。」との評価があった。
審議の結果、分科会における工業所有権情報・研修館の平成21年度業務実績評価の総合評定はB(法人の実績について、質・量の両面において概ね中期計画を達成)と決定された。

3. 自由討議

事務局から、工業所有権情報・研修館の中期目標期間終了時の組織・業務の見直しに関する今後のスケジュールと、独立行政法人を巡る状況、討議用資料として情報・研修館の見直しの基本的方向性と論点の事務局案を説明、フリーディスカッションを行った。

問い合わせ先

特許庁総務部総務課
独立行政法人工業所有権情報・研修館室
電話:03-3581-1101
FAX:03-3593-0436

 
 
最終更新日:2010年7月5日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.