経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

独立行政法人評価委員会技術基盤分科会製品評価技術基盤機構部会(第12回)議事要旨

日時:平成17年11月24日(木)14:00〜17:15
場所:経済産業省別館526共用会議室(5階)
出席者:平澤部会長、篠原委員、冨田委員、西山委員、馬場委員、前原委員、三村委員、宮村委員

議題:

  1. 「アウトカム評価に関する調査」について
  2. 第1期中期目標期間実績暫定報告について
  3. 第2期中期目標について
  4. その他

議事要旨

  1. 「アウトカム評価に関する調査」について

    事務局より資料2を基に、本年度の調査内容等について説明した後、質疑を行った。
    主な質問内容は以下のとおり。

    • NITEが生み出す価値は市場原理に基づかないものもあり評価が難しい。
    • 定量的なもののみが全体を表すものではない。定性的なもので本質的な価値のあるものもある。
    • NITEが担当する業務の内容によっては、投資によりすぐに効果が出ないものもある。どのように活用されるかを見る必要がある。
  2. 第1期中期目標期間実績暫定報告について

     NITE側から資料3−1を基に、第1期中期目標期間の暫定実績について総括的な説明をし、資料3−2を基に、分野ごとの実績について概要説明をした後、質疑を行った。
     主な質問内容は以下のとおり。

    • 第1期の目標として掲げている数値目標は達成されたのか。
    • 経費の節減だけでなく、どのように目標を達成したのか等のアライアンスを進めて頂きたい。
    • アウトカムと連動してどのように評価すべきか検討が必要。
    • 評価するのは国民である。そのような視点で評価していきたい。  
  3. 第2期中期目標について

     事務局より資料4−1及び参考資料2を基に、第2期中期目標の基本方針及び変更点について説明し、質疑を行った。
     主な質問内容は以下のとおり。

    • 第1期と比較し第2期をどのように整理したのかの説明が必要。
    • NITEは何をするところなのか、ヴィジョン、ミッションなどの枠組みを整理して頂きたい。
    • 第2期目標期間だけではなく、もっと中長期の視点に立った人材育成が必要であり、目標に対し、質・量を達成していくためには、この人材育成が重要。
    • NITEの業務を認知してもらうことが必要であるのに、第2期目標の概要において効率化ばかりが目立っているが、広報活動も明示したらどうか。
    • バイオ分野について、産業界のニーズ、社会的なニーズとかをあまり重視しすぎると、将来を見据えたやるべきことを見失ってしまう。
    • 生活福祉分野で、高齢者、福祉ばかり記述されているが、それ以外にも視点を広げてもらいたい。
    • 第2期は1期で確立した組織などを見直し、能力をどのように高めていくかが重要。業務を実務的な内容のみに絞らないで、新たな展開を図るべき。公務員型独法として何に尽くせばよいのか検討すべき。細かなところにとらわれず、大きな視点で検討して頂きたい。
  4. その他

     事務局より、役員退職手当規程の変更及び役員退職手当に係る業績勘案率について書面審議を頂いた結果について報告し、また、次回のNITE部会は、2月中旬もしくは下旬に開催することで調整させて頂きたい旨説明がされた。

 

以上
 

関連リンク

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.