経済産業省
文字サイズ変更

審議会・研究会

独立行政法人評価委員会(第26回)  議事要旨

大臣官房
政策評価広報課

1.日時:平成18年2月27日(月)10:00~12:00
 
2.場所:経済産業省別館9階944会議室
 
3.出席者:
木村委員長、青木委員、伊丹委員、内山委員、大沢委員、
小野委員、梶川委員、橘川委員、小泉委員、坂本委員、
鳥居委員、永田委員、早川委員、平澤委員、
 
4.議題
(1) 独立行政法人経済産業研究所の第2期中期目標及び中期計画について
(2) 独立行政法人工業所有権情報・研修館の第2期中期目標及び中期計画について
(3) 独立行政法人製品評価技術基盤機構の第2期中期目標及び中期計画について
(4) 行政改革の重要方針について
(5) 平成18年度のスケジュールについて

5.議事概要
 (1)独立行政法人経済産業研究所の第2期中期目標及び中期計画
  について
 事務局から、独立行政法人経済産業研究所の中期目標及び中期計画について説明した後、委員から以下の指摘があった。
(○:委員、←:事務局)
  • 研究機関に対して、研究自体が自己目的化しないというのは当然であって、そのような観点から評価されるのはいかがなものか。
    ←研究の自己目的化を戒めるのは第1期からなされていたこと。経済産業研究所の研究は政策提言に結びつくことが使命であるので、研究のための研究にならないようにとの趣旨を明確化した。
  • 研究マネージメントをスムーズに行うことは中期計画上ではどのように反映されているのか。
    ←研究のマネージメントについては、経済産業省を交えた会議を通じた交流等を行いつつ、研究テーマを設定する段階、研究進行プロセス段階、成果普及段階といったプロジェクトマネージメントを今回の中期計画に明示した。
  • 研究資金のマネージメントなど基本的なところをしっかりやってほしい。
    (経済産業研究所の中期目標及び中期計画については、評価委員会として異存ない旨の議決がなされた。)

 (2)独立行政法人工業所有権情報・研修館の第2期中期目標及び
  中期計画について
 事務局から、独立行政法人工業所有権情報・研修館の中期目標及び中期計画について説明した後、委員から以下の指摘が
あった。
(○:委員、←:事務局)
  • 非公務員化の問題が一番大きなテーマだと思うが、非公務員化した際の変更点などはどうなっているのか。
    ←一番の大きな変更点はマインドの問題。制度的には国家公務員法の適用が外れるなどの変化がある。こうした制度変更を活かすためにも、意識の切り替えが大事であり、目標にはそのような期待を込めた。
    (工業所有権情報・研修館の中期目標及び中期計画については、評価委員会として異存ない旨の議決がなされた。)

 (3)独立行政法人製品評価技術基盤機構の第2期中期目標及び
  中期計画について
  事務局から、独立行政法人製品評価技術基盤機構の中期目標及び中期計画について説明した後、委員から以下の指摘が
あった。
(○:委員、←:事務局)
  • 分野横断的な組織体制の整備とは具体的にどのようなことを行うのか。また、リスク評価という視点からは化学物質だけでなく、バイオや生活安全の分野にも必要なのではないか。
    ←今後、バイオや生活安全の分野についてもリスク評価の視点が重要になってくる。したがって化学物質分野のリスク評価をその他の分野にも横断的に活用していくことを考えている。
    (製品評価技術基盤機構の中期目標及び中期計画については、評価委員会として異存ない旨の議決がなされた。)

 (4)行政改革の重要方針について

 (5)平成18年度のスケジュールについて
 事務局から、「行政改革の重要方針」及び平成18年度のスケジュールについて説明した後、委員から以下の指摘があった。
  • 融資業務の見直しとはどのようなことを行うのか。
    ←具体的には決まっていない。
  • 相当数の前倒しとあるが、相当数の範囲はどうなるのか。また、独法の人件費削減については、人員でも人件費でもどちらでもよいのか。
    ←どの法人を前倒すかについては今後議論されることになる。また、人員を削減するか、人件費を削減するかについては法人の裁量に委ねられている。
  • 本委員会が過重すぎるのではないか。運用を工夫して、弾力的に運用することはできないのか。
    ←昨年、各委員に議論していただいた結果、平成18年度は現在の評価体制で評価等を実施することとなった。平成19年度の体制については、改めて議論させていただきたい。

以上
文責・事務局
 

(問い合わせ先)           
  大臣官房政策評価広報課  西田
    TEL:03-3501-1042(内線2261)
   FAX:03-3501-5799(内線8226)
 

▲ 審議会全体トップ

 

最終更新日:2006.03.02
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.