経済産業省
文字サイズ変更

審議会・研究会

独立行政法人評価委員会技術基盤分科会製品評価技術基盤機構部会(第8回)  議事録

日時:平成17年3月10日(木)14:00~17:00

場所:経済産業省別館5階第526共用会議室

議題:

  1. 次期中期目標の見直しについて【報告】
  2. 評価委員会の評価・審議体制について【報告】
  3. 中期目標・中期計画・業務方法書の変更について【審議】
  4. 平成16年度NITE業務実績暫定報告について【報告】
  5. その他

配布資料:

資料1 出席者名簿
資料2 独立行政法人製品評価技術基盤機構の組織・業務全般の見直しについて(案)
資料3 独立行政法人評価について
資料4-1 中期目標・中期計画・業務方法書の変更について
資料4-2 中期目標新旧対照表(案)
資料4-3 中期目標変更(案)
資料4-4 中期計画新旧対照表(案)
資料4-5 中期計画変更(案)
資料4-6 業務方法書新旧対照表(案)
資料4-7 業務方法書(案)
資料5 平成16年度NITE業務実績(暫定報告)
参考資料1 独立行政法人の主要な事務及び事業の改廃に関する勧告の方向性
参考資料2-1 NITE評価実績(平成13年度~平成15年度)
参考資料2-2 平成16年度業務実績について
参考資料2-3 平成16年度NITE業務実績評価参考資料集
参考資料3 中長期作業スケジュール(案)

出席者:

部会委員(五十音順)
大庭成弘 住友化学工業株式会社専務取締役(代理:山口)
冨田房男 放送大学北海道学習センター所長
西山徹 味の素株式会社代表取締役
馬場錬成 科学ジャーナリスト
平澤冷 東京大学名誉教授(部会長)
前原郷治 社団法人日本鉄鋼連盟標準化センター事務局長
三村光代 社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会監事
関係者
齋藤紘一 理事長
磯野克己 理事
茂木保一 理事
池森啓雄 企画管理部長
宮崎正浩 バイオテクノロジー本部本部長
重倉光彦 化学物質管理センター所長
瀬田勝男 認定センター所長
菊池久 生活・福祉技術センター所長
事務局
原山保人 経済産業大臣官房審議官(基準認証担当)
笠井康広 経済産業大臣官房政策評価広報課政策評価一係長
後藤雄三 経済産業省産業技術環境局基準認証政策課課長補佐(調整担当)
徳増有治 経済産業省産業技術環境局知的基盤課長
澤野弘 経済産業省産業技術環境局知的基盤課課長補佐(調整担当)
上戸亮 経済産業省産業技術環境局知的基盤課課長補佐(NITE調整担当)
源内哲之 経済産業省産業技術環境局知的基盤課計量標準係長

議事:

【平澤部会長】

  • 今日は、16年度の業務実績の暫定報告を受けて、委員が理解を深めるという位置づけになっている。よろしくお願いします。

【原山審議官】

  • いつもお世話になっております。お忙しいところNITEの評価に時間を割いていただきありがとうございます。5年間を見据えた中期目標の策定に委員にご苦労をいただくこととなります。最近、NITEから標準化戦略の報告を受けたところで、本日一部の新聞にも出ましたが、このように内発的に活動がでてくるのも委員の先生方のご指導のおかげと考えております。
  • 資料確認
  • 事務局より配付資料の確認がされた。

議題1:次期中期目標の見直しについて【報告】

【平澤部会長】

  • 前回の部会では暫定案であったが、その後、総務省から暫定案と同じものが報告された。この経緯について徳増課長から報告願います。

【徳増課長】

  • 昨年夏から議論を重ねまして、昨年末、異例だが暫定案でご審議頂いた。参考資料1が総務省から示された勧告の方向性であるが、これは昨年暫定的にご審議いただいたものと同じものが政府の勧告として示された。事務局からポイントのみをおさらいということで説明します。

【事務局】

  • 総務省独法評価委員会委員長から、経済産業大臣に示されたものである。これは前回口頭で紹介させていただいたが、バイオ分野から支所と分かれている。総論としては、NITEの業務が拡大しているなか、アウトソーシングを活用して業務の効率化をはかり、さらなるステップアップを図るということが書かれている。
  • 12月24日に今後の行政改革について閣議決定がされて、この中で各省から提出された独法の方針が示された。二法人の廃止や整理統合について記載されている。

【平澤部会長】

  • 内容については、前回と変わりないということで報告事項とさせて頂いた。

議題2:評価委員会の評価・審議体制について【報告】

【平澤部会長】

  • 分科会が非常に増えて、先行独法のようにきめ細かな審議ができなくなったため、親委員会の機能を変更することとした。

【政策評価広報課】

  • 資料3に基づき説明
  • 評価委員会の見直しは、総合評価小委員会の設置等を行うこととなった。理由は評価の効率化で、部会と親委員会との審議の重複があるということが理由の一点。組織業務の徹底した議論が必要という点が二点。ユーザー業界の意見を聞くことが必要というのが三点目の理由。
  • 相当部分の審議事項が部会と本委員会で重複しており、効率化が必要。また、法人見直しの議論は徹底して行うことが必要。
  • 中期目標期間終了時以外については、部会事項とする。
  • 機能強化については総合評価小委員会を設置することとした。(中期目標終了時の組織・業務の見直しと独法評価のあり方について審議。)

【平澤部会長】

  • 親委員会の議論は、3年くらいやったが、それぞれの独法にとって有益と考えている。これは評価の枠組みが定まっていないところから、情報を共有して議論して、深めていった。しかし、数が増えて新たな委員が入ってきて評価のあり方の議論をすると3年前の議論と同じ議論が行われる。これと同時に委員の数が増え、2回続けて定足数が不足した。このため、実質的に議論の場を確保して流会をさける方法であると理解しているので、御了承いただきたい。(了承)

【政策評価広報課】

  • 現在、事務局から委員の指摘を踏まえて、総務省に申し入れをしている。1点は委員長会議の開催。2点目は事務的な申し入れをしている。論点は、評価主体の役割分担が不明確なので、明確化する。2点目は、スケジュールが非常にタイトなので、改善すること。3点目は、評価と見直しの関係について議論するべき。

【平澤部会長】

  • 別紙2の内容はかなりの内容がはいっており、総務省委員会にかなりの文句を付けたことになる。実態に合うように有効なものに変えていきたいと私も考えている。これについても動きがあれば、報告して行きたいと考えている。

議題3:中期目標・中期計画・業務方法書の変更について【審議】

【平澤部会長】

  • 枠組みの変化に伴って、形式的に行う変更であるが、制度の一部を変えるということで審議事項となる。事務局から説明をお願いをする。

【事務局】

  • 議題2の報告にあるように、新たに部会の議決事項となったため、ご紹介する。また、財務省と協議中のため、表現が変わることもあり得ることを申し添えます。
  • 資料4-1に基づき説明。

【平澤部会長】

  • 中期目標・中期計画・業務方法書の変更について審議します。
  • 全体の傾向としては規制緩和の動きの中で動いているということでよろしいのか。

【原山審議官】

  • 認定、指定は役所の恣意的な働きかけが聞き易いので、客観的な基準に基づく登録にしようとするのが行革本部の一貫した姿勢。

【前原委員】

  • これは、報告ですが、JIS法が変わりまして、誰でもJISマーク製品が作れるようになった。産業界は周知徹底が図られており、注目されている。しかし、登録認証機関も誰でも実施できることになるので、NITEに凄みを効かせて欲しいという点は期待している。

【平澤部会長】

  • 内容としては問題があるとは思えないが、審議事項なので、採決する。(承認された)

【平澤部会長】

  • 中期目標・中期計画の承認については、体制が変わって部会で決める体制になったため、承認いただいた内容は決定したことになる。業務方法書については、従来よりこの部会で承認することになっていたので、承認する。

議題4:平成16年度NITE業務実績暫定報告について【報告】

【齋藤理事長】

  • 参考資料2-2に基づき説明。
  • 振り返ってみると3月の部会で業務展開の基本方向を見直したことを報告した。これに基づき、標準化センターの設立、認定センターの指揮命令系統を明確にするなどの変更を行った。夏以降、見直しでかなりの時間を割かれたというのが、全般的な傾向である。各業務については、業務の目標を設定し、それの達成を図っていくことを進めた。(以下、参考資料2-2に基づき説明)

【事務局】

  • 昨年の3月にはこのような資料はなかったので、この資料の位置づけを説明する。赤は業務内容の説明を受けて成果の上がっているもの。黄色と考えられるが、NITE側から今後アピールを準備しているものがオレンジである。

【徳増課長】

  • 基本的には計画どおり着実に執行して黄色となるが、高い成果を上げたものについては、どのようにアピールするか準備中である。現時点で高い成果が示せるものについては赤、準備中のものがオレンジとなっている。資料の右上にあるのは、昨年の評価である。

【バイオテクノロジー分野】

【宮崎本部長】

  • 参考資料2-3に基づき説明。

【富田委員】

  • アジアの国々と上手くやっているのはすばらしい。フィリピンの大統領令を乗り越えたのは何かコツがあったのか。

【磯野理事】

  • フィリピンで意見交換した際に、上から大上段に変えていこうとすると大変で、ボトムアップでもっていくしかない。このため人の交換を進めていって進めていく提案があり、トレーニングコースを提案した。このようなやり方で成功に結びつけていきたい。

【富田委員】

  • 10ページの説明が16ページと分けたような説明がされたが、これは別に動いているということか。

【宮崎本部長】

  • 大量提供と産業利用は別物です。

【富田委員】

  • そうすると16ページはまだ希望があれば増やすことができるのか。

【宮崎本部長】

  • 第一期は4件やっていて、第二期はこれから検討する。

【富田委員】

  • 経済省傘下の予算は切れやすいので、長く切れ目なくやってもらいたい。

【理事長】

  • NITEは研究機関ではなく、第一期においては2年くらいの間で完結して、実用化できるものを目指してやっている。

【西山委員】

  • 産業界との交流については着実に進展していると見えるが、私が主任研究員レベルの人間なら5ページの成果に非常に興味がある。総論的だが産学が交流する場合に努力がいるが、NITEの目から見て産業界にコメントがあればいただきたい。

【磯野理事】

  • 企業との間をつないで交流している柱は、人によるが、内部で月例報告会で報告しているが、忌憚の無い意見交換をしており、企業の方々が興味をもって交流している。このようにきめ細かな交流がはかれるようになっている。その意味で、企業に特に求めているものはなく、こういうことがもっと外へ出ていって、もっと関心をいただけるようにしたいと考えている。

【宮崎本部長】

  • 内部的には、普段から産業界と意見交換しているし、委員会に参加しているが、NITEからもっと産業界の意見を聞くようにしていくべきと考えている。

【馬場委員】

  • 多国間協定はよくやっていると評価したい。このようにアジアで主導的立場をとることは非常に重要なことで、特に中国はベーシックな点では遅れているので、日本が主導的立場で貢献することは重要。例えば宇宙開発では、中国がリーダーになりつつある。これは戦略の誤りであって、旧科学技術庁の戦略の誤りである。NITEの業務を俯瞰すると、国家戦略に結びつく仕事がかなりあり、国家戦略として重要なことを外部の人に、特に立法府に認識してもらうことが非常に重要。日本は立法府が非常に弱く、これから強くなっていくはずなので、そういう視点で、このようなことを是非続けてもらいたい。

【磯野理事】

  • アジア諸国との対応について、職員にも言っており、私も認識しているが、国と国との関係でも、相手に対して誠心誠意対応することが重要で、当面の見返りはないが、少しでも理解者を増やす努力をしていることを相手にも理解してもらうこと。インドネシアでも最初対応が良くなかったが、良くなった。結局我々としてできることは、少しずつ理解者を増やすことが重要と認識している。

【富田委員】

  • NITEは研究がメインではないが、NBRCはどうしても研究を伴ってもらわないとしょうがない。これをやってもらわないと、アジアの元締めの役割は果たせない。

【齋藤理事長】

  • 先生のご意見は重々承知しておりまして、NITE法の枠内で最大限の努力をしております。

【化学物質管理分野】

【重倉所長】

  • 参考資料2-3に基づき説明

【大庭委員:山口代理】

  • 説明いただいた資料については、着実にのびていることがよく分かるが、実は私は環境省の内分泌攪乱の委員をやっているため、興味があるが、経済産業省の評価している15物質については、掲載は問題ないが、1500物質についてはスクリーニング段階のものが同列に掲載されている。このような生のデータだけが同じ扱いで同じところに掲載されているのは問題。収載するデータのメリハリをつけてもらいたい。

【重倉所長】

  • リスク管理報告書で取り扱った物質についても、取り扱いについては、慎重にやっているつもりであるが、御指摘の点については、関係者と協議して対応したい。

【適合性評価分野】

【瀬田所長】

  • 参考資料2-3に基づき説明。

【前原委員】

  • ISO9000のトレーサビリティーに対する理解度向上は、某所で聞いてびっくりしたが、1970年代に米国人から相当教えてもらった。これはきちんと普及させて欲しい。日本の機器は精度が良いと言うが、これでは役に立たない。トレーサビリティーが一番重要である。
  • また、不確かさの議論がはやっているが、品質管理のβであるというアプローチでやると理解度は上がる。やはり統計から入るとわかりやすいので、ここをきちんと普及させて欲しい。海外関係もダブルスタンダードが問題で、きちんとやってほしい。

【瀬田所長】

  • 本当におっしゃるとおりで、国毎によってバランスが相当違っている。これについては、各国にもちゃんと意を通している。
  • トレーサビリティーについては、昔はトレーサビリティーの標準物質が不足していた時代があったが、現在は、標準物質が整備されている。にもかかわらず、過去の不足している時代の緊急避難措置が誤った運用がなされていることもあり、適切な制度となるよう働きかけていく。

【人間生活福祉分野】

【菊池所長】

  • 参考資料2-3に基づき説明。

【三村委員】

  • 何年か評価してきてやってきたことがドンドン出てくるので非常にうれしいと思うが、例えば誤使用ハンドブックとあるが、製品クレームをだすような人は、誤使用と言われることに非常に不満があるので、誤使用の中にうっかりミスを入れてもらいたい。それと、的確に配れる方法を考えてもらいたい。それとホームページだけではダメ。
  • モニタリングテストは、事故情報から発生してモニタリングテストになるものもあるが、16年度は事故情報から入っているものが少ない。モニタリングテストをしてもらいたいのは、自転車と三輪車である。三輪車の事故は埼玉県の消費者団体が追いかけている。これは品質表示法の問題になると思う。
  • 事故情報の原因特定技術については、非常にありがたい。現在、原因究明機関が非常に少なく、NITEの役割は非常に大きいので、そのあたりの点も踏まえて活動してもらいたい。

【菊池所長】

  • 誤使用は、おっしゃるとおりで、これまで誤使用ということで逃げている部分があり、この部分を偏らずに明確にすることを目的に作ろうとしている。自転車については、毎週経済省に報告をしているが、問題商品に上がっており、今後対処する。

【前原委員】

  • 標準化は非常に立派だと思う。コンビーナは見識がないと認められない。もっと自慢して良いと思う。それよりすごいのは幹事国で、これはNITEに、これが一つあるだけで、ISOの規格化ノウハウが蓄積されていくことになる。これは手間であるががんばってもらいたい。

【馬場委員】

  • TC、SCのチャアマンになるのがすばらしいので、是非実現してもらいたい。

【齋藤理事長】

  • ISO活動の参加は一生懸命やっていきたい。我々も人材の養成も含めて勉強して参りたい。それから誤使用については、これまで我々が蓄積した知見から、製品設計に事故が発生しないように分析していきたい。ハンドブックの配布についても配慮してまいりたい。

【企画管理部門】

【池森部長】

  • 参考資料2-3を基に説明。

【馬場委員】

  • 独法前からNITEの活動は報道されていることが多い。プレスにリリースする方法は確立されているのか。

【池森部長】

  • 各部門から企画管理に連絡を頂きチェックして持ち込むこととしている。

【馬場委員】

  • 定期的か、出来高払いか。

【池森部長】

  • 部門で案件が出たときにおこなうこととしている。

【三村委員】

  • アウトソーシングすることで経済的にもメリットがあるということだが、アウトソーシング先はNITEで決めるのか、それとも入札するのか。また、任せた後の管理はどうなのか。

【池森部長】

  • 契約でアウトソーシングする。一部はコンピュータ関係で随意契約があるが、一般競争入札。契約後の話については、それぞれの事業の必要に応じて指導する。この点も契約に入れて、ものによっては日々指示しているものもある。個別の契約によって変わってくる。

【平澤部会長】

  • 感想を述べると第一点として、期中までは前倒しなどを認識しておらず、アウトカムを意識して深く考えて欲しいということをお願いしていたが、前倒しで次期中期目標の検討はしなくて良いと思っていたら、第一期の評価をやらなくてはいけない。NITEのミッションを一言で言うと何なのかとうことを明らかにして、それに即してどうなのかということを考えてもらいたい。
  • 第二点は、報告を伺いながら、この3年でNITEは大変改善された。このポイントは、人材育成であると、それぞれの担当者がそれぞれの専門家がおり、理事長のリーダーシップで配置されているという印象がある。独法化(執行機関分離)とは無縁ではなく、省の中の下請けではなく、独立して成果を上げる(例えば中途採用による人材確保ができる)こともでき、このようなことが執行機関としての成果を上げることになっていると思う。
  • 本日NEDOの方と議論をしているが、彼らも本当に勉強している。残念ながら内閣府の評価専門調査会の議論の方が遙かに遅れている。それほど専門性が執行機関に育つというのは、非常に大きいポイントであると考えている。今まで理事長のリーダーシップで人材育成を考えていたが、これをもっと前面に打ち出して良いのではないか。知的な専門性を育成・集積というアピールを第一期のまとめにしたらどうか。
  • 三点目は、69ページのチャートであるが、縷々各業務をまとめてきたが、第一期を終わる段階で、どのようにとりまとめるのかということを見通しながら、それぞれの業務での売りのポイントを、トレンドを書いてみてどのようになっているか、目標はどこにあるのかということが、一つのチャートの中で判断するのに非常に見やすい。画一的に整理するのではなく、売りの部分について強調されると良いと思う。
  • 管理部門については、コストが各業務にどのように配布されているのかということを把握して、成果とコストが対応するように(インプットと成果)整理してもらいたい。各業務レベルで把握できるようになれば、マネジメントを主体とした管理が公的機関でも導入されたことになると思う。三番目は管理部門が中心であるが、それぞれの業務の担当が、それぞれの業務のアピールと管理部門のコストの関係が見えるように、ご協力いただきたい。

【理事長】

  • ありがとうございました。我々としても整理してアピールしたいと思う。人材については、ドクターも20名ほどになるし、ILAC等についても課外研修で育成した人間であるし、このような点を整理したい。

【平澤部会長】

  • 来年度は、中期目標期間全体評価と、次期中期目標の作成が加わるので、それらを合わせて作業しなければいけないので、よろしくお願いしたい。この点について事務局から今後の予定について説明をお願いしたい。

議題5:その他

【事務局】

  • 4月11日の週、又は18日の週にNITEの見学会をセットしたい。
  • 5月初旬に実績表確定版をお配りしたい。また、委員レクも実施したい。
  • 6月初旬に財務関係の書類を送付する。

【平澤部会長】

  • ありがとうございました。これで予定していた議題は終わりますが他にありますでしょうか。時間を超過致しましたが、閉会とさせて頂きたい。ありがとうございました。

以上

▲ 審議会全体トップ
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.