経済産業省
文字サイズ変更

独立行政法人中小企業基盤整備機構分科会(第10回) 議事要旨

日時:平成19年3月22日(木)14:00~16:00

場所:経済産業省別館3階第346号室

出席者:以下のとおり。

委員

伊丹分科会長、荒牧委員、加護野委員、杉浦委員、渡邊委員

欠席

佐藤委員

経済省

近藤事業環境部長、吉田企画課長、最上企画官 ほか

中小機構

鈴木理事長、村本副理事長、半田理事、古賀理事、梶田総務部長 ほか

議題

  1. 高度化融資案件の再生支援について
  2. 地域中小企業応援ファンドについて
  3. 中小企業基盤整備機構の業務方法書の改正について
  4. 中小企業基盤整備機構の旧八王子職員宿舎の処分について
  5. 中小企業基盤整備機構の平成18年度事業実績の概要について
  6. 中小企業基盤整備機構の平成19年度年度計画の概要について

議事概要

  1. 高度化融資案件の再生支援について、高度化事業案件の再生支援の方策や、都道府県に対する支援体制の整備等事務局から説明を行った。説明後、委員から中小企業再生支援協議会の役割について質問があり、事務局より47都道府県に設置されている中小企業再生支援協議会の支援数、機能、体制等について回答をし、分科会の了承を得た。
  2. 地域中小企業応援ファンドについて、事務局から新ファンド創設の背景、支援スキーム等説明を行った。説明後、委員から出資先の選定方法等の質問があり、事務局及び中小機構より「選定方法についてはファンドマネージャーが中心となって投資先を見つけてリスクを評価しながらファンドをマネージしていく」等の回答をし、分科会の了承を得た。
  3. 中小機構の業務方法書の改正について、事務局から支援対象の追加、出資の限度額の上限の変更等の説明を行った。委員から質問はなく、分科会としては「異存ない」という結果となった。
  4. 中小機構が所有する旧八王子職員宿舎の処分について、事務局から処分に至った経緯、処分の理由、処分方法等について説明を行った。委員から質問はなく、分科会としては「異存ない」という結果となった。
  5. 中小機構の平成18年度事業実績の概要について、中小機構から創業・新事業展開への促進、既存企業の経営基盤強化、経営環境変化への対応の円滑化等平成18年度に行った事業の実績(中間報告)等の説明を行った。説明後、委員より事業承継ファンドの回収方法等の質問があり、事務局及び中小機構から、20年前のデータだと子供への承継が8割あったものが、最近は4割程度。IPOの他に5~6年かけて企業価値を高め、M&Aにすることも考えられる等の回答を行った。
  6. 中小機構の平成19年度年度計画の概要について、中小機構から新政策課題への円滑な対応、機動的な組織運営、業務の効率化等の説明を行い、委員から特段の質問はなかった。
 
 

最終更新日:2007年4月18日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.