経済産業省
文字サイズ変更

独立行政法人評価委員会日本貿易振興機構部会(第20回)-議事要旨

日時:平成21年7月3日(金曜日)13:00~14:30
場所:経済産業省本館17階国際会議室

出席者

委員:
田中部会長、相原委員、秋元委員、松浦委員、ダイク委員
日本貿易振興機構:
林理事長、中富副理事長、洲崎監事、山田理事、丸屋理事、林総務部長、石井企画部長、平塚研究企画部長、伊藤総括審議役
経済産業省:
井内通商政策課長、松本通商政策課長補佐、田口通商政策課長補佐 他

議題

  1. 独立行政法人日本貿易振興機構の平成20年度財務諸表等について
  2. 独立行政法人日本貿易振興機構の平成20年度業務実績に関する評価について
  3. その他

議事概要

平成20年度財務諸表等について

独立行政法人日本貿易振興機構から「平成20年度財務諸表(確定版)」について、既に報告のあった「平成20年度財務諸表(速報版)」からの変更点等の報告があり、部会として特段意見なしとして了承を得た。

独立行政法人日本貿易振興機構の平成20年度の業務実績に関する評価について

独立行政法人日本貿易振興機構から「平成20年度業務実績報告書(確定版)」について、前回の部会で報告のあった「平成20年度業務実績報告書(暫定版)」からの変更点等の報告が行われた。

委員からの質問は以下のとおり。

  • 海外でのバックアップ体制として、中国に進出する際、商標権に関して日本が安心してマーケットに入り込めるよう相手国政府への交渉等の取組を行っていただきたい。
    ←御指摘の点は、特に中国へミッションを派遣するときの重要なテーマとなっている。中国側には強く働きかけているが、中国側からは自分の権利は自分で守ることを求められている。しかし、中国側の法制度が不十分なところがあると感じていることから、知的財産保護制度の確立等に関して相手国政府との交渉や中国市場を狙う際の商標登録の支援等の取組を行っている。
  • 男女の区別なく、職員の能力・適正に応じた職員の活用は必要。21年4月1日現在、職員の男女比は2対1とのことであったが、この会場をみても女性の割合は少ないようである。アジ研では女性が活躍しているように感じられる。女性の役員はいるのか。
    ←男女の区別なく、職員の能力、適性に応じて職員を採用しているため、女性の応募も多く、採用者全体に占める女性の割合は比較的高いアジア経済研究所においては、7つの部のうち2つの部の長を女性が務めている。
日本貿易振興機構関係者が別室に退席後、各委員の評価をもとに審議を行った。
審議の結果、平成20年度業務実績の評価を以下のとおり部会決定とした。
項目 評価
1.業務運営の効率化に関する事項 (B)
2.国民に提供するサービスの質の向上に関する事項 (A)
(1)対日投資拡大 (A)
(2)我が国中小企業等の国際ビジネス支援 (A)
(3)開発途上国との貿易取引拡大 (A)
(4)調査・研究等 (A)
3.財務内容の改善に関する事項 (B)
4.その他業務運営に関する重要事項 (B)
【総合評価】 (A)

その他

独立行政法人日本貿易振興機構から、職員住宅集約化の今後の予定について報告がされた。

問い合わせ先

経済産業省通商政策局通商政策課
電話:03-3501-1654
FAX:03-3501-2081

 
 
最終更新日:2009年10月1日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.