経済産業省
文字サイズ変更

産業事故連絡会(第4回)-議事要旨

日時:平成19年3月9日(金)10:00~12:00
場所:経済産業省本館17階第6共用会議室

出席者

出席者名簿(配付資料1)のとおり

議題

  1. 各業界における産業事故防止に向けた取組について
  2. 企業の取組事例紹介
    ダウ・ケミカル日本社における産業事故防止に向けた取組
  3. その他
    • 「産業保安分野における安全文化の向上に関する研究会中間とりまとめ」について
    • 消費生活用製品安全法の改正について

議事概要

議題1.各業界における産業事故防止に向けた取組について

各業界団体から、産業事故防止に向けた取組の状況・成果について資料に沿って報告。概要以下のとおり。
 

経営トップの役割・意識改革について

(取組の状況)
  • 全従業員に向けた安全メッセージの発信と安全への取組強化の指示
  • 経営トップと現場従業員の直接対話の促進
(成果)
  • 経営トップ、管理監督者及び従業員の安全意識の向上
  • 全社的に安全意識が浸透し、産業安全への理解度が向上
     

人的対策について
<誤判断、誤操作等の防止>

(取組の状況)
  • 徹底した事故原因の洗い出しと解明
  • 作業マニュアルの作成と随時見直し(見える化の推進)
(成果)
  • 変更時における事前安全性評価が定着化
  • 作業マニュアルの見直しにより、誤判断、誤操作等につながる情報の共有が進展
     

<技能の伝承、教育の充実>

(取組の状況)
  • 業界内研修等を活用したベストプラクティスの共有
  • OJT教育の実施と教育内容の見直し
(成果)
  • 熟練者及び若手技術者の危険に対する感受性が向上
  • マニュアルの整備による労働安全衛生管理の標準化
     

設備・部品のリスク管理

(取組の状況)
  • 機械、設備、部品、作業方法についてリスクアセスメントの実施(危険要因の同定、本質安全設計の推進)
  • 設備等の定期自主検査指針の普及とそのフォローアップ
(成果)
  • 設備、部品の危険因子に対する従業員の認識向上
  • リスクアセスメントに基づく本質安全設計に対する理解向上
     

事故情報の共有

(取組の状況)
  • 業界の連絡会等における、事故情報の共有化と水平展開の推進
  • 事故事例の検討と類似災害防止への活用
(成果)
  • 他社事故事例を踏まえた自社の安全対策の見直し
  • 事例検討の迅速な実施
     

議題2.企業の取組事例紹介

ダウ・ケミカル日本衣浦工場における産業事故防止に向けた取組事例の紹介がなされた。
 

議題3.その他

「産業保安分野における安全文化の向上に関する研究会中間とりまとめ」について及び消費生活用製品安全法の改正について、その概要の説明を行った。

 
 

最終更新日:2008年7月15日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.