経済産業省
文字サイズ変更

消費経済審議会特定商取引部会(第1回)-議事要旨

日時:平成19年3月12日(月曜日)13時00分~14時00分
場所:経済産業省本館17階西6第2特別会議室

出席者

青山委員、伊藤委員、大岡委員、大河内委員、齋藤委員、高芝委員、田口委員、広重委員、松本委員、宮川委員、山中委員、山本委員

全13名中12名出席

議題

特定商取引に関する法律の指定商品・指定役務の追加について

議事概要

主要な意見

  • 諮問された商品・役務を今回追加することについては全面的に賛成する。ただし、今回の政令改正と並行して、指定商品・役務制の廃止についての検討を進めることが前提であり、その間に生じうるトラブルに対応するためと理解。
  • これまでも、ひとつ商品や役務を追加すると、すぐにそれを迂回するようなトラブルが出てくるという状況である。本日の件については賛成だが、指定商品・役務制の廃止について議論を進めて欲しい。
  • 指定商品・役務の追加については、基本的に賛成だが、あくまで指定商品制の廃止までの間の措置としての位置づけと理解している。今回、商品取引等の仲介サービスまで含めることについては、大きな政策転換と評価する。また、他にもトラブルが目立つ商品や役務があると認識しており、引き続き検討してほしい。
  • 今回の追加については全く賛成である。みそ等の調味料については、先般の条例改正でも導入したところであり、都道府県と国が歩調を合わせてやっていくことは重要である。また、指定商品・役務制の廃止は是非お願いしたい。非諮問事項である都道府県への権限委任についても是非迅速に進めて頂きたい。
  • 今回の指定商品・指定役務の追加については全く賛成だが、みそについては、7,8年前からトラブルがあったことであり、指定するまでに長い時間を要したという感想を抱いている。また、商品取引等の仲介サービスについては、特定商取引法の対象とした上で、きちんと取り締まれれば実効性があると考える。
  • 今回追加項目として挙げられているものについては、消費者トラブルも目立っており、追加することは適切と考える。しかし、事業者はまた抜け道を探すと考えられるので、悪質な規制逃れを許さないよう、できるだけ幅広い規定ぶりにしてほしい。
  • また、まだ指定されていないトラブルとして、特に特定継続的役務提供についても目立つものがあり、今後も機動的な指定に努めてほしい。また、指定制自体も見直しをしているとのことだが、より幅広くトラブルの未然防止が図れるようにしてほしい。
  • 迅速に対応している点を評価しており、今回追加する3項目については賛成する。ただし、規定ぶりなり解釈なりについては、詳細に詰めた上で、執行可能なものになるようにしてほしい。
  • 今回指定追加されていないものについて、地上波放送のデジタル化に対応した衛星放送や有線放送にまつわる相談件数が多くなってきており、引き続き注視していただきたい。
  • 今回の指定商品・役務の追加は、指定商品・役務制の廃止に至る過程としての追加として賛成したい。他法令の規制との整理については、二重規制を排除する必要性は認めるが、相談の現場での使いやすさの重要性を認識して頂き、特定商取引法でできるだけ幅広くカバーできるようにしてほしい。

以上

関連リンク

 
 
最終更新日:2007年3月14日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.