経済産業省
文字サイズ変更

低燃費タイヤ等普及促進協議会(第1回)-議事要旨

日時:平成21年1月26日(月)17:00~19:00
場所:経済産業省本館2階2東6共用会議室

議題

  1. 低燃費タイヤ等に関する現状の取り組みについて
  2. 低燃費タイヤ等に関する国際動向について
  3. その他

出席者

座長:
大聖座長
有識者:
日下部委員、永井委員
消費者代表:
大石委員
関係団体:
(社)日本自動車工業会 長岡委員
(社)日本自動車タイヤ協会 比留間委員、福島委員
関係省:
経済産業省産業技術環境局産業基盤標準化推進室
経済産業省製造産業局化学課
経済産業省製造産業局自動車課
資源エネルギー庁省エネルギー対策課
国土交通省自動車交通局環境課地球温暖化対策室

議事概要

主な意見等は以下のとおり。

  • 一般の消費者は自分でタイヤの空気圧を調整することがない。セルフのガソリンスタンドも増えており、確認する機会がない。
  • エコドライブは浸透してきたが、タイヤとエネルギーロスの関係についてはまだ消費者にとってわかりにくい。
  • 消費者の多くは新車購入時のタイヤのまま交換しないので、購入時点で低燃費タイヤを装着させることが必要ではないか。
  • 低燃費タイヤの基準を今回検討するのかとの質問があり、まずはISOで検討されている試験方法を国内規格化することにより、統一的に評価することのできるものさしをつくるとともに、これによる評価をどのように消費者にわかりやすく示すことができるかということを検討するとの回答があった。
  • 転がり抵抗だけでなく、車の燃費への寄与度を示すことはできないのかとの質問があり、寄与度については技術的に難しいとの回答があった。
  • 転がり抵抗だけでなく、安全面からウエットグリップについても表示することが適当。
  • 転がり抵抗の試験方法については4種類示されているが、それぞれの試験方法に微妙な違いが出てくる。

これらの意見等を踏まえ、次回(2月)には低燃費タイヤ等の普及促進に向けた課題と具体的対策について検討を行うこととなった。

以上

 
 
最終更新日:2009年1月29日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.