経済産業省
文字サイズ変更

低燃費タイヤ等普及促進協議会(第2回)-議事要旨

日時:平成21年2月26日(木)16:00~18:00
場所:経済産業省別館10階1014共用会議室

議題

  1. 低燃費タイヤ等に関する課題と具体的な取り組みについて
  2. その他

出席者

座長:
大聖座長
有識者:
日下部委員、永井委員
消費者代表:
大石委員
関係団体:
(社)日本自動車工業会 長岡委員
(社)日本自動車タイヤ協会 比留間委員、福島委員
関係省:
経済産業省産業技術環境局産業基盤標準化推進室
経済産業省製造産業局化学課
経済産業省製造産業局自動車課
資源エネルギー庁省エネルギー対策課
国土交通省自動車交通局環境課地球温暖化対策室

議事要旨

主な意見等は以下のとおり。

  • 安全性や耐摩耗性といったその他の性能の扱いについて質問があり、安全性についてはグレーディング方法の具体化の中で検討する旨の回答があった。
  • タイヤの転がり抵抗に関する試験方法、試験機等の差異があることについてどのように措置されるのか質問があり、現在ISO28580において、測定方法や測定機の差を横並び検討可能な規格を策定中であるとの回答があった。
  • ウエット性能の測定方法、タイヤ径の変化と燃費の関係など技術的な内容について、報告書の参考資料として盛り込むべきとの意見があった。
  • 今回は乗用車を対象としているが事業用自動車についても燃費のよいタイヤが選択されるような仕掛けが今後の検討課題として考える必要があるとの意見があった。
  • タイヤの転がり抵抗値について、検証する仕組みなど表示の信憑性や妥当性は重要との意見があった。
  • 転がり抵抗の低減と燃費の低減の値が混同されないように配慮すべきとの意見があった。
  • 低燃費イコールエコではなく、エコには原材料などいろいろな視点があることから、消費者に誤解を与えないよう配慮が必要との意見があった。
  • とりまとめを消費者に対して、分かりやすい表現にすべきとの意見があった

これらの意見等を踏まえ、次回(3月)には取りまとめ案について検討を行うこととなった。

以上

 
 
最終更新日:2009年10月9日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.