経済産業省
文字サイズ変更

次世代エネルギーシステムに係る国際標準化に関する研究会(第1回)-議事要旨

日時:平成21年8月31日(月曜日)10:00~12:00
場所:経済産業省本館17階第1特別会議室

議題

  1. 研究会の設置について
  2. スマートグリッドを巡る国際的な動向
  3. 本研究会で議論すべき分野について
  4. 今後のスケジュール

議事概要

事務局より研究会の設置趣旨と議事の取扱等について説明し、議事及び配付資料は非公開とし、議事要旨のみ公表することが了承された。
また、事務局よりスマートグリッドを巡る国際的な動向、本研究会で議論すべき分野について説明し、議論を行った。

ワーキンググループの設置について

  • ワーキンググループは、系統を構成するものと、家庭・ビル等の需要側の2つに分けて議論することが適当。なお、サイバーセキュリティについては、個別のワーキンググループを設立して議論するのではなく、2つのワーキンググループ内において議論すべき。
  • 需要側のワーキンググループについて、Home to Grid、Business to Gridは大きなコンセプトであり、需要側のワーキンググループで家庭やオフィスビル内と一緒に議論すべき。

議論の進め方について

  • 海外においてもスマートグリッドに関する議論は非常に早いスピードで進んでいることから、スピード感が必要。
  • スピード感を求められることから、全てについて検討を行うのではなく、日本の技術で優れているもの、日本に持ち込まれては困るものを明確に整理し、スケジュールを決めて実施すべき。
  • 国際動向調査の際には、構造的な背景情報をきちんと整理した上で、世界共通に受け入れられる部分とローカルであってよい部分を分けて、アクションを考えるべき。
  • 先進国と途上国、あるいは未電化の国等、対象となる国別に戦略を考えるべき。

問い合わせ先

経済産業省産業技術環境局基準認証政策課
TEL:03-3501-9232
FAX:03-3580-1418

 
 
最終更新日:2009年9月24日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.