経済産業省
文字サイズ変更

今後の繊維・ファッション産業のあり方に関する研究会

 経済産業省では、今後の繊維・ファッション産業のより大きな発展の方向性・戦略について示すため、「今後の繊維・ファッション産業のあり方に関する研究会」を設置し、検討してまいりました。
 そして、2010年4月26日、研究会の報告書がとりまとめられましたので、公表いたします。

 平成19年6月に繊維産業の展望と課題、いわゆる繊維ビジョンをとりまとめたところですが、リーマンショックや新興国企業の更なる台頭など、同ビジョン策定後に大きな環境の変化があったことを受けて、これを補完するものとして、本報告書をとりまとめました。

 報告書において示された繊維産業の今後の方向性・アクションプランの概要は、次の通りです。

繊維産業の今後のビジョン

  • 内需依存体質から脱却し、周到な準備の下で、アジアを中心に拡大する海外市場の開拓を進める。
  • 繊維素材・技術の適用を衣料以外の幅広い産業分野(例:環境や健康分野)に広げ、繊維の市場拡大を図る。
  • 我が国のファッション産業を今後の成長産業として期待されている文化産業の中心的担い手へ飛躍させる。
  • 事業者間の連携を推進し、お互いの強みを活かすことによって、新興国企業が台頭する激しい国際競争を戦う。

アクションプラン

自社の強みなどの現況を踏まえ、更なる成長に向けて自らリスクをとって努力する事業者に重点化

  1. 内需依存体質からの脱却・外需の取り込み:全体
  2. 個別から連携・統合へ:全体
  3. 社会のニーズを付加価値に変える:全体
  4. トップレベルの技術を幅広い分野へ:産業資材
  5. 感性をビジネスへ・コスト競争からの脱却:衣料・ファッション分野

今後の繊維・ファッション産業のあり方に関する研究会報告書

※2010年4月26日発表

今後の繊維・ファッション産業のあり方に関する研究会議事要旨・配付資料

今後の繊維・ファッション産業のあり方に関する研究会

平成21年12月4日 第1回 第1回議事要旨 第1回配付資料
平成22年2月26日 第2回 第2回議事要旨 第2回配付資料
平成22年3月23日 第3回 第3回議事要旨 第3回配付資料

素材・技術市場化促進ワーキンググループ

平成22年2月25日 第1回 第1回議事要旨 第1回配付資料
平成22年3月10日 第2回 第2回議事要旨 第2回配付資料

海外市場開拓ワーキンググループ

平成21年12月25日 第1回 第1回議事要旨 第1回配付資料
平成22年2月2日 第2回 第2回議事要旨 第2回配付資料
平成22年3月9日 第3回 第3回議事要旨 第3回配付資料

ファッション政策の検討ワーキンググループ

平成21年12月9日 第1回 第1回議事要旨  
平成22年1月13日 第2回 第2回議事要旨  
平成22年2月4日 第3回 第3回議事要旨  
平成22年2月26日 第4回 第4回議事要旨  

問い合わせ先

経済産業省製造産業局繊維課
電話:03-3501-0969

 
 
最終更新日:2010年7月12日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.