経済産業省
文字サイズ変更

コンテンツ産業の成長戦略に関する研究会について

2010年1月25日
商務情報政策局

趣旨

我が国のコンテンツ産業は、アジアを始めとする海外での高い人気を博しており、成長余地が大きい。また、我が国コンテンツが世界に広く受け入れられることで、我が国への関心向上を通じ、工業製品、食品、サービス等の外需喚起や、観光客増加による地域振興等の内需刺激など幅広い経済波及効果と雇用創出が期待できる。

本研究会では、「新成長戦略(基本方針)」において、コンテンツの対外発信等が取り上げられたことを踏まえ、コンテンツ産業が我が国の経済成長を牽引する道程として、2020年の目標を提示とその実現のための課題と対応を整理し、工程表としてとりまとめ、その実行につなげる。

報告書

本研究会での議論を踏まえ、報告書を取りまとめましたので公表いたします。(平成22年5月14日)

検討課題

  • コンテンツ産業が我が国経済を支える将来像の提示
  • アジアを始めとする海外展開の本格化に向けた課題と対応策
    • 海外市場の情報の整理分析
    • 海外事業展開に必要な人材育成
    • 流通網の確保、商談推進のための国際見本市の活用
    • 政府間・産業間対話 等
  • 創造力の強化と新たな事業展開を支える環境整備上の課題と対応策
    • 多様なメディアや新たな技術を活用したビジネスモデルの在り方
    • 不正流通を抑止するための対応の在り方
    • クリエイター等の創造人材を育む環境の在り方
    • 観光等他分野との連携の在り方 等

進め方

2010年1月に研究会を立ち上げ、月1回程度開催し、2010年5月にとりまとめ予定。

スケジュール

第1回
2010年1月25日(月)
15:00~17:00
研究会趣旨説明
  • 研究会の趣旨説明・検討課題について(事務局)
  • 自由討議
第1回議事要旨   第1回配付資料
第2回
2010年2月26日(金)
15:00~17:00
海外展開の本格化に向けた課題と対応
  • 海外展開の本格化に向けた課題と対応策について(事務局)
  • 自由討議
第3回
2010年4月23日(金)
14:00~16:00
報告書(案)について
  • 報告書(案)について(説明:事務局)
  • 自由討議

メンバー

座長

浜野 保樹(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)

委員(所属別五十音順)

  • 北川 直樹((財)音楽産業・文化振興財団 理事長/ソニー・ミュージックエンタテインメント代表取締役・コーポレイトエグゼクティブCEO)
  • 野間 省伸((株)講談社副社長)
  • 和田 洋一((社)コンピューターエンターテインメント協会会長/(株)スクウェア・エニックス・ホールディングス代表取締役社長)
  • 角川 歴彦(知的財産戦略本部本部員/(株)角川グループホールディングス代表取締役会長兼CEO)
  • 中鉢 良治((財)デジタルコンテンツ協会会長/ソニー(株)代表執行役副会長)
  • 岡田 裕介(東映(株)代表取締役社長)
  • 高井 英幸(東宝(株)代表取締役社長)
  • 依田 巽((社)日本経団連エンターテインメント・コンテンツ産業部会長/(株)ティーワイリミテッド 代表取締役会長)
  • 布川 郁司((社)日本動画協会理事長/(株)ぴえろ代表取締役社長)

関連リンク

お問合せ先

商務情報政策局 文化情報関連産業課(メディア・コンテンツ課)
電話:03-3501-9537(直通)
FAX:03-3501-1599

最終更新日:2010年5月18日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.