経済産業省
文字サイズ変更

産業構造審議会環境部会地球環境小委員会政策手法ワーキンググループ及び検討タスクフォースの概要

政策手法ワーキンググループについて 検討タスクフォースについて

産業構造審議会環境部会地球環境小委員会政策手法ワーキンググループについて

 今般、地球温暖化対策基本法案が閣議決定され、今後、我が国の地球温暖化対策の具体的なあり方について、本格的な議論が行われる予定です。
 このような中、成長戦略策定の議論や、産業の国際競争力、雇用や国民生活への影響といった観点等を踏まえつつ、地球温暖化対策の政策手法について、検討を行う場を、地球温暖化対策全般を扱う「産業構造審議会環境部会地球環境小委員会」の下に、新たに「政策手法ワーキンググループ」を設置いたしました。
 当面は、基本法の施行後一年以内に成案を得ることとしている国内排出量取引制度の具体化に向け、論点を抽出の上、制度設計上のオプションを提示することを目的としています。

スケジュール

第1回
2010年6月10日(木)
9:00~11:00
  • 現状説明、論点提起
配付資料議事要旨をご覧いただけます。
第2回
2010年6月24日(木)
9:00~11:00
  • ヒアリング(外部有識者)
    岡敏弘氏(福井県立大学経済学部教授)、諸富徹氏(京都大学大学院経済学研究科教授)
配付資料議事要旨をご覧いただけます。
海外調査団
2010年7月4日(日)
~7月11日(日)
7月14日(水)
~7月18日(日)
  • 2010年7月4日(日)~7月11日(日)欧州調査(ロンドン、ブラッセル、ベルリン)
  • 2010年7月14日(水)~7月18日(日)米国調査(ワシントンDC)
※ヒアリング先:各国政府、産業界等
※第3回分の配付資料議事要旨にてご覧いただけます。
第3回
2010年7月23日
10:00~12:00
  • 海外調査団の結果報告
  • 各政策手法の目的と効果について
  • 検討タスクフォースの設置について
配付資料議事要旨をご覧いただけます。
第4回
(第2回検討タスクフォースとの合同会議)
2010年8月23日(月)
14:00~16:00
  • 第1回検討タスクフォースにおける主な議論について
  • ヒアリング(鉄連、電事連、東レ)
配付資料をご覧いただけます。
第5回
2010年9月13日(月)
15:30~17:20
  • 検討タスクフォースにおけるこれまでの議論のまとめについて
配付資料議事要旨をご覧いただけます。
2010年9月29日(水)
  • 中間整理
報告書をご覧いただけます。
第7回
2010年10月25日(月)
10:00~12:00
配付資料をご覧いただけます。

委員名簿

  • 座長:寺島実郎氏(財団法人日本総合研究所理事長、三井物産戦略研究所会長)
  • 秋元圭吾氏(地球環境産業技術研究機構システム研究グループリーダー、東京大学大学院総合文化研究科客員教授)
  • 安部順一氏(読売新聞東京本社編集委員)
  • 逢見直人氏(日本労働組合総連合会副事務局長)
  • 木村滋氏(電気事業連合会副会長)
  • 神津里季生氏(基幹労連事務局長)
  • 上妻義直氏(上智大学経済学部教授)
  • 崎田裕子氏(ジャーナリスト、環境カウンセラー)
  • 嶋津八生氏(日本放送協会解説委員)
  • 進藤孝生氏(新日本製鐵株式会社代表取締役副社長)
  • 鈴木茂樹氏(トヨタ自動車株式会社常務役員)
  • 髙橋昭夫氏(大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社専務取締役)
  • 辰巳菊子氏(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会常任理事環境委員長)
  • 田中千秋氏(東レ株式会社代表取締役副社長)
  • 天坊昭彦氏(出光興産株式会社代表取締役会長)
  • 浜野喜史氏(電力総連会長代理)
  • 前田章氏(京都大学大学院エネルギー科学研究科准教授)
  • 松橋隆治氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻教授)
  • 山口光恒氏(東京大学先端科学技術研究センター特任教授)
  • 山本隆司氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
  • 山本隆三氏(富士常葉大学総合経営学部教授)
  • 米倉誠一郎氏(一橋大学イノベーション研究センター長・教授)

50音順

産業構造審議会環境部会地球環境小委員会検討タスクフォースについて

 地球温暖化対策の具体化に当たっては、それぞれの政策手法の特性を踏まえつつ、最適なものを組み合わせて進めていくことが重要です。
 経済産業省においては、排出量取引制度を含む様々な政策手法について検討を行うため、2010年6月、産業構造審議会に「政策手法ワーキンググループ」を設置し、これまで計2回の会合を開催したところです。
 今後の検討に当たり、各政策手法の特性等について専門的見地から分析を行うため、ワーキンググループの学識経験者により構成される少人数の「検討タスクフォース」を設置します。

スケジュール

第1回
2010年8月6日(金)
17:00~18:30
  • 各政策手法の特性等について
配付資料議事要旨をご覧いただけます。
第2回
(第4回政策手法ワーキンググループとの合同会合)
2010年8月23日(月)
14:00~16:00
  • 第1回検討タスクフォースにおける主な議論について
  • ヒアリング(鉄連、電事連、東レ)
配付資料議事要旨をご覧いただけます。
第3回
2010年9月1日(水)
15:00~17:00
  • 検討タスクフォースにおけるこれまでの検討のまとめについて
  • 排出削減に関する限界削減コスト面等からの分析について
配付資料をご覧いただけます。

委員名簿

  • 座長:寺島実郎氏(財団法人日本総合研究所理事長、三井物産戦略研究所会長)
  • 秋元圭吾氏(地球環境産業技術研究機構システム研究グループリーダー、東京大学大学院総合文化研究科客員教授)
  • 上妻義直氏(上智大学経済学部教授)
  • 前田章氏(京都大学大学院エネルギー科学研究科准教授)
  • 松橋隆治氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻教授)
  • 山口光恒氏(東京大学先端科学技術研究センター特任教授)
  • 山本隆司氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
  • 山本隆三氏(富士常葉大学総合経営学部教授)
  • 米倉誠一郎氏(一橋大学イノベーション研究センター長・教授)

50音順

審議内容の公開について

政策手法ワーキンググループ及び検討タスクフォースの審議内容の公開については、以下によるものとします。

  1. 議事録については、原則として会議終了後1ヶ月以内に作成し、公開する。また、議事要旨については、原則として会議終了後速やかに作成し、公開する。
  2. 配付資料は、原則として公開する。
  3. 傍聴については、政策手法ワーキンググループ及び検討タスクフォースの運営に支障をきたさない範囲において、原則として認める。
  4. 政策手法ワーキンググループ及び検討タスクフォースの開催日程については、事前に周知を図るものとする。
  5. 個別の事情に応じて、会議及び資料を非公開にするかどうかについての判断は、座長に一任するものとする。

関連サイト

政策手法ワーキンググループの配付資料と議事要旨 | 検討タスクフォースの配付資料と議事要旨 | 排出量取引

お問い合わせ先

経済産業省産業技術環境局環境経済室
住所:東京都千代田区霞が関1-3-1
TEL:03-3501-1511(内線3521~3523)
FAX:03-3501-7697

 
 
最終更新日:2010年9月29日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.