経済産業省
文字サイズ変更

地域イノベーション研究会(第1回)‐議事要旨

日時:平成20年1月10日(木曜日)13時~15時
場所:経済産業省本館17階西7第1特別会議室

出席委員

古川座長、原山副座長、青木委員、小原委員、樺澤委員、川分委員、川崎委員、児玉委員、村田委員代理、鈴木(直)委員、土井委員、中野委員、野坂委員、樋口委員、三木委員、宮沢委員、村上委員、脇本委員

議事要旨

地域イノベーションに関する課題について

  • 主体となる企業にどのような課題やニーズがあるかを把握することが重要。それら企業では、技術人材の不足が共通している。
  • 大学と企業、地域では、世界も、言葉も全く違っている。ドイツのシュタイスバイス財団では、中小企業を訪問し、企業ニーズを大学に紹介している。
  • シーズ発想からニーズ発想への切り替え、さらに、ウォンツが重要。中小企業には意欲があるものの、必要な情報がわからない面がある。
  • 「地域」をどのように捉えるかが重要。
  • 企業は、自社のロードマップを持っているが、競合他社へ情報が漏れてしまうことを恐れ、開示できない。その橋渡しをするコーディネートが必要。
  • 岩手県の場合、産業人材については、工業高校等が、地域が求めている人材を察知して育成している。地元の経営者が母校に帰って経験を語ることで、生徒によい刺激を与えたりもしている。
  • プロジェクトマネージャーの役割を果たすインキュベーションマネージャー人材を育成することが重要。
  • 事業は5W1Hで考えるが、whatの部分の位置づけがあいまいなケースがある。技術戦略マップや知財戦略活用事例集など既存リソースの活用が有効。
  • 企業と大学を行き来するような人材を育て、事業リスク等がわかる人材を育ていくことが重要ではないか。
  • 企業の中に大学のサテライトラボができないか。秘密保持等の面などでメリットがある。
  • 地域イノベーションでは、最終的には人材にいきつく。地域における人材の源泉として大学しかないが、大学も、現状では不十分である。
  • 地域とは、ある種の運命共同体。その鍵となる企業経営者や大学の研究者等が共通認識を持てるところが、地域ではないかと思う。
  • イノベーションのためのシナリオは、運命共同体の人たちが書くべき。
  • 高等教育を受けた人的資源が地域にどれだけ定着しているかが重要である。
  • 留学生の地元定着のため、地元企業とのマッチングを行っている。
  • 1次産業をベースにしたロハス(環境と健康など)などの取り組みも、地域イノベーションの枠組みにいれていいのではないか。
  • コーディネータは、自分が得意でない部分は、できる人を知っていることが重要。日本では、コーディネータやインキュベーションマネージャーが軽視されている。
  • わが国で留学生を採用、活用する点では、人材派遣業が手をつけている。
  • 大学において、東京と地方の大学間で、短期間の人材交流をしてはどうか。
  • 大学の研究者と企業経営者とのコミュニケーションが重要である。
  • 地域への人材定着には、学生をどう雇用するかをまず議論する必要がある。
  • ベンチャー企業としての成功事例をみると、大学の先生が研究をして、経営は民間出身の人が携わっているケースが多い。
  • 公設試験研究機関について、工業系と農業系の合併が重要。公設試験研究機関が受け身でいてはだめである。
  • 地域にイノベーションの拠点をつくることはそれ自体意味がある。その際、ハードとソフトをうまく組み合わせることがポイント。
  • 公設試験研究機関の最大の課題は、試験場か研究所で行くのかという点。
  • 独立行政法人化は、複数の県がまとまって取り組まなければ意味がない。
  • 大学の知のレベルが高すぎて地場の企業が受け取れないので、それを仲介するのが公設試験研究機関の役割。公設試験研究機関は、中小企業のニーズを把握している。

関連リンク

 
 
最終更新日:2008年1月16日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.