経済産業省
文字サイズ変更

地域イノベーション研究会(第5回)-議事要旨

日時:平成20年4月18日(月)16:05~17:45
場所:三田共用会議所第3特別会議室

出席者

古川座長、原山副座長、青木委員、野口代理、樺澤委員、川分委員、川崎委員、児玉委員、鈴木(孝)委員、鈴木(直)委員、土井委員、中野委員、野坂委員、樋口委員、福富委員、三木委員、宮沢委員、中谷代理、脇本委員

議事要旨

  • 研究開発成果の評価機能の不足の部分で、「技術評価手法の確立が必要である」と簡単に書かれているが、担保がなくて失敗している事例もあるので、注意していただきたい。
  • 産業支援人材と企業内部で研究開発する人材を分けて整理する必要がある。
  • ポスドクの中長期派遣については、実現するためには大学人材、企業側の双方に制度の趣旨を周知していく必要である。
  • エンジェル税制の部分は画期的な政策である。地域の産業支援センターや税理士等への周知が必要である。
  • 法の制定、規制緩和等、具体的な地域イノベーションの加速等につながるようなことも記述してほしい。
  • 本報告書案は地域の視点で経済産業省ができることが記述されている。この研究会での議論を総合科学技術会議等でも吸い取っていただきたい。
  • 他の研究会等でもバイオ・ベンチャーなど様々な議論が行われているので、関係を結びとして記述し、本報告書では研究会で議論してきたことをまとめればよい。
  • 先進的事例は良く書かれている。残された課題もあるので事例の中から出てくる政策ニーズを今後の課題として考えてほしい。
  • 知的クラスターと産業クラスターの内容がオーバーラップしていない地域は多い。知的クラスターやJSTの研究等を元にして、産業クラスターで受け、実用化するというのは地域でなくても全国的にマッチングが行われてもよい。
  • 産業クラスターも知的クラスターとの地域での連携はできているが、分野ごとの連携については具体的に検討していきたい。
  • 中小企業は何を指導してもらえばよいのか分からないので、大学の先生に訪問してもらい、技術指導してもらうことが重要である。
  • 大学が現場を見ながら一緒にやることでラディカル・イノベーションが見つかる可能性がある。インクリメンタル・イノベーションについては、大学は単独ではなく、公設試と協働する必要がある。
  • 本報告書案では、「地域発イノベーション」と「地域イノベーション」が混在している。「地域発イノベーション」が重要であると思う。まずは地域で閉じて動きながら、不足することについては、広域的な連携を行うという概念をはっきりさせた方がよい。
  • 金についての記述が少ないが、外資の導入も一つの手段であり、その場合、パテントの海外出願も行う可能性がある。
  • 特区について具体的な内容が分からない。特区ができれば、人、物、金の循環ができると地域にできるというイメージであると思う。
  • 見出しは何なのかと考えると、「(仮称)地域発イノベーション加速プラン」と書いてある部分と思うが、曖昧な印象となっている。
  • 特区に関しては、構造改革特区では規制緩和が目的だが、手段として地域に限定し、技術の実証をすることをわかりやすく記述するべき。
  • クラスターのグローバル展開について、地域単位で友好関係を結ぶことなど具体的なことを書いてほしい。
  • 大学では特許の技術移転よりも、研究成果のプレ試作品が求められるようになっている。大学の有する知的財産の記述について、研究成果有体物をしっかり位置づけ、流通することが重要。
  • TLOについての記述があるが、全国のTLOで成り立っているところは少ない。ライセンス収入で成り立っているところはなく、マッチングファンド等の管理経費として成り立っているところはあるが、連合型のTLOは財務的に難しい。
  • 中小企業への技術支援には公設試と大学の連携が重要であるが、公設試が認識、改革するには誰がイニシアティブをとるべきか検討が必要。
  • 中小企業には試作というプロセスが重要であるが、大学が試作まで担うのは難しいこともあるので、政策的に実施する必要がある。
  • 中堅企業と大手が何のために組むのかということを考えると、よい技術のプレゼンスを高めるために、大手を使うということである。そういうことを、情報発信していくことを加えるべき。
  • 公設試について、地域を越えた連合といった再構築についての検討が将来的には必要なのではないか。
  • 産業支援人材という言葉が広いので、産業化支援人材のようなビジネスを大きくするイメージとした方がよい。
  • 地域イノベーションに携わる人たちをエンカレッジして、施策が実現するというイメージで書いてほしい。
  • 地域イノベーションが必要な理由は、地域にお金が来ない、物がお金に換わらないということであると思うので、お金の流れを作るという方向性も記述した方がよい。

以上

 
 
最終更新日:2008年4月24日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.