経済産業省
文字サイズ変更

ソーシャルビジネス研究会(第6回)‐議事要旨

日時:平成20年3月28日(金曜日)15時~17時
場所:経済産業省本館17階西7第1特別会議室

出席委員

谷本座長、井上委員、佐野委員、鈴木(均)委員、鈴木(政)委員、曽根原委員、竹内委員、土肥委員、永沢委員

議事要旨

資料説明

ソーシャルビジネス研究会報告書(案)について

  • パブリックコメントや産業構造審議会における指摘は、CBあるいはSBに係る支援の取り組みにおおむね賛成とのご意見であった。頂いた様々な御意見は20年度、21年度の経済産業省の取り組みにつなげていきたい。
  • 「SB支援の背景」に、若者の就労環境の変化などリアリティをもたせて書いた方がよい。報告書では、地域的課題と社会的課題がうまく整理されたが、できれば社会的課題に貧困問題を含めていただきたい。
  • 英国CICのような社会的企業に係る制度的取り組みについて、韓国の事例も含めて検討して欲しい。
  • ファンドについては、「必要である」とストレートに書いた方がよいのではないか。
  • 今回の報告書について、多くの方は概論として共感するところがあるのではないか。今後は自らが技能や時間を投入して、具体的にアクションを起こしたり、応援することが重要である。
  • SBの認知度を高めていくことと同時に、社会的課題そのものへの関心、理解を深めていくことが重要である。社会的課題に対する関心を高める施策が必要だろう。
  • 中小企業でもSBのような動きに関心がある方は少なからずいるので、意欲のある人々に参考になるように、SBの成功モデルを示すことができればよい。
  • 一般の人に対してSBが何かがわかりやすく伝わるように、事例がまとめられるとよい。
  • 一般の人の理解をどう深めるか、成功事例をまとめるだけでなく、成功者が現場に赴いて語ることもあるだろう。
  • SBを検討することは、単にビジネスや雇用の問題にとどまらず日本のあり方を検討することにつながっていくと思う。
  • ある事業が、他の地域で実施している事業の模倣から始まっていても、そこには自分の地域のスタイルに合うよう、自分達なりの工夫が組み込まれていると思う。それも革新性といえるだろう。
  • ひとつひとつのアウトプットが小さくても、それがいくつも重なって、アウトカムが社会に大きな影響を与えていれば、革新性を持つといえる。
  • SBの定義は融資制度を作るときは重要になる。ここでの革新性は広い意味だということを明示して欲しい。
  • SBという新しい概念は、CBから派生したという捉え方もあるが、ビジネスセクター全体で社会的課題の解決に取り組まなければならないものと捉えてもよいと思う。
  • 「SB支援の背景」に、「行政の協働パートナーとして」との記載があるが、行政だけではなく、企業との協働ということも明示的に入れていただきたい。
  • 企業はSBと協働する際に、市民の主体的な動きがSBの特徴であると理解していれば、企業の取組みも進むのではないか。
  • SBの特徴として市民性が挙げられたが、特に自分の生きがいのためではなく、社会のために業を起こすことが重要ではないか。
  • 今回の報告書は時宜を捉えたものだと思う。今後は実践が重要である。施策のPDCAがよく出るが、エンジンのかからないPDCAがよくある。そうならないようにプッシュしなければならない。
  • CBとSBの定義についてこれからも議論があるだろうが、今後事例集をつくってみると、違いや類似性が見えてくるかもしれない。
  • SBというコンセプトで既存支援策を広げるとよいのではないか。また、SBの考え方が分かる経営指導員等サポートする側の人材育成も必要だろう。
  • 社会的企業のイノベーション推進にあたってはデザインや創造性教育を取り入れることが大切ではないか。韓国やアメリカではビジネスに関わる人々を対象としたデザイン教育を実施している。
  • 本研究会の後、どのように行動していくのか。自治体も含め、どのような主体がどのような役割を担って取り組んでいくのか、今後明確化を図って頂きたい。
  • 社会的課題は幅広いものであり、今後広がりを持たせてSBを議論していくことが重要。
  • 地域活性化の主体として企業を対象とした施策展開を考えており、SB研究会での方向性も意識しながら自分たちも努力していきたい。
  • 「市民性」という言葉は重要であり、その内容としては(1)当事者性、(2)社会参加性、(3)市民による企業、起業、といった捉え方が考えられる。

コミュニティビジネス/ソーシャルビジネスの振興による地域活性化予算について

  • 基本的には賛成であるが、これまで関心の薄かった人々を惹きつけるためにマーケティング的な発想で文言を考えていかなければならない。誰に伝えたいのかを意識しなければならない。
  • 100選や評価では、地域性のバランス、都市と地方、国だけでなく金融機関などの意見を取り入れていって欲しい。
  • 社会貢献やサポーター意識を持つ人々がうまく関われるような基盤をつくることが重要である。
  • SB起業者はリスクを大きく負わされがちであり、社会としてSBを支える環境について検討して欲しい。
  • 教わりたい人が成功したSBに赴いて実際に研修するのが実際的ではないか。ただし、受け入れコストがかかることから、何らかの補助をしなければならないだろう。
  • 成功したSBがノウハウ展開のための人的トレーニングのコストまで背負うのは難しく、社会が支えて公的な責任でやっていくべきではないか。

以上

関連リンク

 
 
最終更新日:2008年4月8日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.