経済産業省
文字サイズ変更

③地下水バイパス(汚染源に水を近づけない対策)

<< 廃炉・汚染水対策ポータルサイトのトップに戻る

  • 建屋内への地下水流入量を減らすため、建屋山側で数百トン程度の地下水をくみ上げ、運用目標未満であることを確認し、海に排水(バイパス)。
  • 漁連等の関係者への説明や稼働前の詳細分析を実施し、平成26年5月21日から稼働を開始。

地下水バイパスの配置図と断面イメージ

地下水バイパスの配置図
断面イメージ

稼働前の詳細分析結果と運用目標等

  セシウム
134
セシウム
137
全ベータ トリチウム
JAEA 0.015 0.044 ND(0.10) 240
日本分析センター 0.022 0.039 ND(0.61) 230
東京電力 0.016 0.047 ND(0.88) 220
運用目標 1 1 5(1)※1 1,500
法令告示濃度※2 60 90 30※3 60,000
WHO飲料水
水質ガイドライン
10 10 10※3 10,000

単位:ベクレル/リットル、ND:検出限界値未満、()内数値は検出限界値

※1 10日に1回程度の頻度で行う全ベータの分析では、運用目標を1ベクレル/リットルとしている。
※2 告示濃度の水を毎日約2リットル飲んだ場合、年間被ばく量約1ミリシーベルト
※3 全ベータ値と相関性の高いストロンチウム90の値

お問合せ先

資源エネルギー庁 原子力発電所事故収束対応室
電話:03-3580-3051
FAX:03-3580-8542

 
最終更新日:2016年5月16日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.