1. ホーム
  2. 災害関連情報
  3. 原子力被災者支援
  4. 帰還困難区域の特別通過交通制度の適用について(大熊町町道西20号迂回路)

帰還困難区域の特別通過交通制度の適用について(大熊町町道西20号迂回路)

2018年6月13日(水曜日)
原子力災害現地対策本部
原子力被災者生活支援チーム

1.概要

常磐自動車道の大熊インターチェンジ整備工事に関連し「帰還困難区域の特別通過交通に関する申し合わせ」の3.(9)に規定する町道東15号~県道252号~町道西13号~町道西9号~町道西20号のうち、町道西20号の一部で工事が行われ通行ができなくなります。
当該ルートは国道6号と国道288号を経由して中通りを結ぶ重要なルートであることから、通行止め部分について迂回路(約0.7キロ。別紙参照)を整備し特別通過交通制度を適用することにより、引き続き当該ルートを通過できることといたします。

2.今後の予定

2018年6月15日(金曜日) 9:00迂回路における特別通過交通開始

3.参考資料

お問合せ先

内閣府原子力被災者生活支援チーム
参事官 荒井孝
電話:03-3581-9807

最終更新日:2018年6月18日