トップページ > 調達・予算執行 > 公募情報 > 平成22年度産業技術研究開発補助金(高機能複合化金属ガラスを用いた革新的部材技術開発)に係る交付先の公募について

平成22年度産業技術研究開発補助金(高機能複合化金属ガラスを用いた革新的部材技術開発)に係る交付先の公募について

平成22年12月28日
製造産業局
素形材産業室

1.公募概要

 金属ガラス(数種類の金属元素からなる非晶質金属)は、1980年代後半に我が国で開発された新合金で、極めて高強度かつ低ヤング率で、耐食性や軟磁気特性にも優れており、21世紀の中核を担う画期的な金属材料として大きく期待されています。
本事業において、従来の金属ガラスの優れた諸特性(しなやか、錆びにくいなど)に加え、硬磁気特性、塑性加工性、高電気伝導性等の特性を兼ね備えた「高機能複合化金属ガラス」を活用し、多様な工業製品の製造における精密加工技術を開発することによって、我が国素形材企業の新産業分野への参入促進、国際競争力強化、優位性 今回、本事業を実施する事業者を下記の要領で公募します。

2.補助の内容

(1)補助対象となる事業
 進展の著しい情報化社会において、情報ストレージは需要が益々増大するとともに高密度化しており、1平方インチ当たり1テラビットを超える次世代の高密度磁気記録媒体の開発・実用化が急がれています。
このため、1テラビットを超える次世代の媒体技術としては、金属ガラスを使用したパターンドメディアが、最も高密度、高精度かつ低コストで作製できる可能性が高いため、早急に実用化技術を開発する必要があります。
 具体的には、共通基盤技術研究において開発された成果をもとに、記録密度が1平方インチ当たり2テラビットの超高密度磁気記録媒体(次世代高密度磁気記録媒体)を試作し、磁気記録特性を確認するものとします。詳しくは、公募要領をご確認ください。
(2)補助率
補助対象経費の1/2を上限。

3.補助対象者

公募要領中の「応募資格(補助対象事業者)」の条件を満たす者。
詳しくは、下記「関係資料等は以下からダウンロードしてください。」に掲載の公募要領をご確認ください。

4.公募期間

平成22年12月28日(火)から平成23年1月31日(月)まで

5.提出先・問い合わせ先

経済産業省製造産業局素形材産業室
担当:川原、高橋
電話:03-3501-1063

関係資料等は以下からダウンロードしてください。

公募要領(PDF形式:477KB)公募要領(WORD形式:196KB)

Acrobat Readerをダウンロード(Adobeサイトへ)