経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

計量士

目的

計量士に関する専門的な知識と技術を有する者に、国家試験等により「計量士」の国家資格を与え、計量器の検査、その他の計量管理に係る計量分野の職務を担当させ、計量法の円滑な施行と適正な計量の実施に寄与させることを目的としている。

概要

計量士になるためには、経済産業大臣の登録を受けなければならない。登録の条件は次ぎのいずれか。

  1. 計量士国家試験の合格し、かつ、登録する計量士の区分に応じて経済産業省令に定める条件に該当すること。
  2. 国立研究開発法人産業技術総合研究所(計量研修センター)の実施する教習の課程を修了し、かつ、登録する計量士の区分に応じて経済産業省令に定める条件に該当し、かつ、計量行政審議会が認める事。

根拠法令

計量法(第122条)、計量法施行規則(第51条)

試験概要

実施時期 <年1回>

3月上旬(日曜日)

※実施時期の詳細については9月上旬の官報又は経済産業省ホームページでご確認ください。

受験・応募資格

受験・応募に制限はなく、誰でも受験可能です。

試験案内(願書)配布・受付期間等

  • 配布期間:10月の1ヶ月間を予定
  • 願書受付期間:10月中旬から10月末を予定

※配布・受付期間・願書の提出先等の詳細については9月上旬の官報又は経済産業省ホームページでご確認ください。

<< 注意 >>
平成23年度から計量士国家試験は「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」に基づき、市場化テストに付されています。試験実施業務が業務を請け負った民間企業により行われています。

受験手数料

8,500円

お問合せ先

産業技術環境局 基準認証政策課 計量行政室
電話:(代表)03-3501-1511 内線:3461、(直通)03-3501-1688

最終更新日:2016年2月12日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.