経済産業省
文字サイズ変更

中小企業診断士

概要・目的

中小企業の発展のため、中小企業の経営について診断・助言を行うことが重要であることから、経済産業省では経営の診断・助言について一定の能力を有すると認められる者を中小企業診断士として登録している。中小企業診断士の資格については、5年間の更新制としているが、平成23年4月1日現在約20,000人の診断士が登録されている。

根拠法令

中小企業支援法(第12条第1項) 昭和27年度

試験概要

実施時期

年1回

  • 1次試験:毎年8月
  • 2次試験:毎年10月頃(筆記)、12月頃(口述)

受験・応募資格

  • 1次試験については、特に制限はなく、誰でも受験できます。
  • 2次試験については、1次試験の全科目合格者及び1次試験の全科目免除者。

願書配布・受付期間

  • 1次試験の願書配布については、毎年5月上旬頃~5月下旬頃。
  • 1次試験の受付期間については、毎年5月下旬頃(消印有効)まで。

申込み方法

受験願書を指定試験機関(社団法人 中小企業診断協会)から入手し、社団法人 中小企業診断協会へ提出する。(受験申込みについては、郵送のみの対応)

指定試験機関

社団法人 中小企業診断協会
ホームぺージアドレス:http://www.j-smeca.jp/外部リンク

問い合わせ先

中小企業庁経営支援課 中小企業診断士担当
電話:(代表)03-3501-1511、内線:5331
又は、社団法人中小企業診断協会(電話:03-3563-0851)

 
最終更新日:2011年10月25日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.