経済産業省
文字サイズ変更

電気工事士

概要・目的

住宅、工場、ビル等の電気設備について、工事段階で不完全な施工をすると感電、火災等の思わぬ事故の発生する危険性があります。経済産業省では、こうした電気工事の欠陥による災害の発生を防止することを目的として、電気工事士の資格を定め、電気工事士試験を実施しています。

電気工事士の資格には、第一種電気工事士と第二種電気工事士があります。この資格が必要な工事は、住宅や小規模店舗等(一般用電気工作物)の電気工事と小規模工場やビル等(最大電力500kW未満の需要設備)の電気工事であり、前者には第一種又は第二種電気工事士の資格が、後者には第一種電気工事士の資格が必要です。

根拠法令

電気工事士法(昭和35年法律第139号)第3条第1項及び第2項)

試験概要

実施時期

  • 第一種電気工事士試験(受験申込受付:7月頃)

    筆記試験:10月頃
    技能試験:12月頃

  • 第二種電気工事士試験
    • 上期試験(受験申込受付:3月頃)
      筆記試験:6月頃
      技能試験:7月頃
    • 下期試験(受験申込受付:6月頃)
      筆記試験:10月頃
      技能試験:12月頃

受験・応募資格

特に制限はありません。
受験申込書・受験案内については、一般財団法人電気技術者試験センターで無料配布しております。

実施団体

一般財団法人電気技術者試験センター
〒104-8584 東京都中央区八丁堀2-9-1RBM東八重洲ビル8階
電話:03-3552-7691
ホームページ:http://www.shiken.or.jp/外部リンク

問い合わせ先

商務流通保安グループ 電力安全課 資格班
電話:03-3501-1742 (直通)、内線:4921

 
最終更新日:2015年12月8日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.