経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

ボイラー・タービン主任技術者

概要・目的

ボイラー・タービン主任技術者は、電気事業法に基づく発電用ボイラー、蒸気タービン、ガスタービン及び燃料電池発電所等の工事、維持、運用に係る保安の監督などを行う者であり、安全の確保及び、電力の安定供給を図るのが目的の資格です。

根拠法令

電気事業法(昭和39年法律第170号)第44条

試験概要

本資格の交付については、試験は実施しておらず、申請により学歴及び実務の経験に応じてなされます。

  1. 実施時期:随時受付
  2. 申請資格:学歴に応じた実務経験年数をもつ者    ※詳細は下記「申請資格について」を参照
  3. 受付:最寄りの産業保安監督部電力安全課

申請資格について

申請資格である「学歴に応じた実務経験年数をもつ者」とは、下表にある学歴に応じて、第1種ボイラー・タービン主任技術者においては下表の(1)~(3)につき、すべて満たしている者、第2種ボイラー・タービン主任技術者は(4)、(5)につき、共に満たしている者です。

学歴 必要な実務経験年数
第1種 第2種
(1) (2) (3) (4) (5)
1)大学(機械工学)卒 6 6 3 3 3
2)大学卒 10 6 3 5 3
3)短大・高専(機械工学)卒 8 8 4 4 4
4)短大・高専卒 12 8 4 6 4
5)高校(機械工学)卒 10 10 5 5 5
6)高校卒 14 10 5 7 5
7)中学卒 20 15 10 12 10
8)一級海技師(機関)、特級ボイラー技士、エネルギー管理士(熱)又は、技術士(機械部門に限る)の2次試験に合格した者 6 6 3 3 3

(1)卒業後((8)においては資格等習得後)にボイラー又は蒸気タービンの工事、維持又は、運用に係わった年数
(2)(1)のうち、発電用の設備(電気工作物に限る。)に係わった年数
(3)(2)のうち、圧力5,880キロパスカル以上の発電用の設備に係わった年数
(4)卒業後((8)においては資格等習得後)にボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備(最高使用圧力が98キロパスカル以上のもの)の工事、維持又は、運用に係わった年数
(5)(4)のうち、発電用の設備(電気工作物に限る。)に係わった年数

お問合せ

各地方産業保安監督部電力安全課

北海道産業保安監督部電力安全課 〒060-0808
札幌市北区北8条西2-1-1 札幌第一合同庁舎
電話:011-709-1795 FAX:011-709-1796
関東東北産業保安監督部東北支部電力安全課 〒980-8403
仙台市青葉区本町3-3-1 仙台合同庁舎
電話:022-221-4948 FAX:022-224-4370
関東東北産業保安監督部電力安全課 〒330-9715
埼玉県さいたま市中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館
電話:048-600-0385~0388 FAX:048-601-1301
中部近畿産業保安監督部電力安全課 〒460-8510
名古屋市中区三の丸2-5-2
電話:052-951-2817 FAX:052-951-9802
北陸産業保安監督署 〒930-0091
富山市愛宕町1-2-26
電話:076-432-5580 FAX:076-432-0909
中部近畿産業保安監督部近畿支部電力安全課 〒540-8535
大阪市中央区大手町1-5-44
電話:06-6966-6048 FAX:06-6966-6089
中国四国産業保安監督部電力安全課 〒730-8531
広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎2号館
電話:082-224-5742 FAX:082-223-6299
中国四国産業保安監督部四国支部電力安全課 〒760-8512
高松市サンポート3-33
電話:087-811-8586 FAX:087-811-8597
九州産業保安監督部電力安全課 〒812-0013
福岡市博多区博多駅前東2-11-1
電話:092-482-5519~5524 FAX:092-482-5973
那覇産業保安監督事務所 〒900-0006
那覇市おもろまち2-1-1
電話:098-866-6474 FAX:098-860-1376
最終更新日:2012年9月19日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.