経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

平成30年度「新市場進出等支援事業」に係る企画競争(委託先の公募)について

平成30年2月8日
通商政策局
ロシア・中央アジア・コーカサス室

公募概要

本事業は、平成28年5月にロシア・ソチにて行われた日露首脳会談において、安倍総理大臣がロシア側に提示した8項目の協力プラン(※)(以下、「協力プラン」)のうち、「5.ロシアの産業多様化・生産性向上」の具体化に向けた取組みの一環として実施するものです。

具体的には、高い技術力や生産性管理技術を備えた専門家をロシアの企業に派遣し、生産性に関する診断及びIT化や最先端の機械設備の導入促進を含む改善指導を行います。これにより、最先端技術を有する我が国企業の機械設備のロシア市場での普及を後押しします。

また、ロシアの裾野産業に従事するラインマネージャークラスや役員クラスを日本に招聘し、生産工場の現場視察を行いつつ、日本の管理技術や設備、IT化に関する研修等を行い、ロシア企業の人材育成を行います。この結果、ロシア企業の生産性や品質の向上を通じた部品等の調達改善が期待され、日系企業の市場シェア拡大につながります。

※8つの項目からなる協力プラン

(1)健康寿命の伸長,(2)快適・清潔で住みやすく,活動しやすい都市作り,(3)中小企業交流・協力の抜本的拡大,(4)エネルギー,(5)ロシアの産業多様化・生産性向上,(6)極東の産業振興・輸出基地化,(7)先端技術協力,(8)人的交流の抜本的拡大

事業内容

本事業は、以下を含む創意工夫を凝らしたプログラムを委託して実施することとします。

1.生産性診断

  1. 経済産業省及びロシア産業商務省によって選定されたロシア企業12社程度(予定)に対して、企業毎のニーズに合致した高い技術力や生産性管理技術を備えた専門家を選定する。
  2. 専門家を現地に派遣し(1企業に対し、1週間~2週間程度の診断・指導を年3回程度想定。)、生産性に関する診断を行い、改善に向けたロードマップの作成及び指導を行う。
  3. 生産性診断及び指導した結果、改善提案について報告書を作成する。

2.訪日研修

(1)研修プログラムの策定

派遣元企業のニーズも聴取しつつ、研修プログラムを策定すること。研修には、高い技術力や高い生産性管理技術を備えた日本企業の生産現場での実地研修やIT化に関する研修を含むこと。

(2)訪日研修の実施

経済産業省が選定するロシア企業のラインマネージャークラスや役員クラスを100名程度日本に招聘し、生産工場の現場視察を行いつつ、日本の管理技術や設備、IT化に関する研修(1~2週間程度)を行う。

(3)報告書の作成

研修結果、帰国後の生産性向上の取組について報告書を作成する。

3.その他

上記のほか、ロシア産業の多様化と生産性向上に資する事業を実施する(公募時点で提案等があれば、企画提案書に盛り込むこと)。

対象者

詳しくは募集要領をご覧ください。

公募期間

平成30年2月8日(木)~平成30年3月8日(木)(17時必着)
※ 公募説明会を開催します。
開催日時:平成30年2月15日(木)16:15~17:00
公募要領に記載の方法によりお申込みください。

お問合せ先

〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
経済産業省 通商政策局 ロシア・中央アジア・コーカサス室
電話:03-3501-2838
FAX:03-3501-5880
E-MAIL:yuguchi-hidenori@meti.go.jp;shimoda-etsuka@meti.go.jpメールリンク

※お問合せは、日本語により、FAX又は電子メールにてお願いします。

最終更新日:2018年2月8日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.