経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

独立行政法人評価委員会産業技術総合研究所分科会第1回 議事要旨

経済産業省産業技術環境局 産業技術総合研究所チーム
経済産業省産業技術総合研究所 研究業務室

日時:平成13年1月26日(金)14:00~16:00
場所:経済産業省第4特別会議室

出席者

若歌森代理(浅井委員)、安西委員、岡田委員、木村委員、塩田委員、高橋委員、常盤委員、岸代理(橋本委員)、藤嶋委員、松重委員、山野井委員、(欠席:黒川委員)

議題

  1. 委員長互選
  2. 独立行政法人制度について
  3. 独立行政法人評価委員会について
  4. 産業技術総合研究所の概要について
  5. 中期目標について
  6. 評価基準について
  7. その他

議事概要

(1)委員長互選

木村委員が分科会長に選出された。

(委員からの主な意見)

(2)産業技術総合研究所の概要について

  • 研究所内部での人の移動や任期付き研究員の活用によって、研究員の流動性を確保することが大事である。
  • 地域のナショナルセンター化に関する資料で、それぞれの得意分野として東北が有機化学、大阪がバイオとなっているが、理由は何か。
  • 機動的組織運営が重要である。組織の改廃を実質的なものにして欲しい。
  • 地域の研究拠点もセンター、研究ユニットにもセンターという名称があり混乱を招く。

(3)中期目標について

  • 4年間の目標だけでは毎年の評価が出来ない。計画については年度ごとの展開も必要である。
  • 経済産業大臣が提示する中期目標としては、もっと簡潔でも良いのではないか。

(4)評価基準について

  • 研究センターと研究部門の特徴を明確にして、評価軸もそれに応じて変えるべきではないか。
  • 産総研で行うプロジェクトは、企業のものとは違うものである。国で行うものは未知の要素が多い挑戦的なもの。評価基準もそのことを勘案すべき。
  • 産総研自ら行う外部有識者の評価と、本分科会の評価の関係を整理する必要がある。
  • 評価を実効的なものとするためには、トップダウンで物差しを決めて評価すべきである。それがマネージメントというものではないか。
  • 評価の段階のA、B、C、Dの達成度は中期目標の難易度によっても変わってくることも考慮すべき。
  • 項目別評価はできるかも知れないが総合評価は難しく、工夫が必要ではないか。
  • 次回の中期計画の検討に当たっては、特許、論文等の数値目標の根拠についても併せて示して欲しい。

(5)その他

次回分科会は、2月28日を予定。

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.