経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

独立行政法人評価委員会工業所有権総合情報館分科会第4回 議事要旨

日時:平成14年3月20日(水)15:00~16:20
場所:特特許庁庁舎9階庁議室

出席者

三輪分科会長、生方委員、北村委員、高田委員、松田委員 (欠席:早川委員)

議題

(1)独立行政法人工業所有権総合情報館平成13年度業務実績報告について
(2)独立行政法人工業所有権総合情報館の業務実績評価表について

議事概要

(1)独立行政法人工業所有権総合情報館平成13年度業務実績報告について 工業所有権総合情報館事務局から報告が行われた。

委員から主に以下のとおり質問等があり、その質問に対し、事務局から回答等が行 われた。

・中小企業が各大学のTLOを通して特許を導入しようとした場合どこの大学に必 要な研究、技術が存在するか、予め知っていないと全国のすべてのTLOに個別 にアクセスし、あるいは会員になって情報を得なければならず、実質的に活用が 難しく、敷居の高い感じがいたしております。中小企業は、この様な調査活動に 多くの人と時間を割くことができません。このような中小企業をサポートする意 味で、TLOと情報館(特許流通アドバイザー)がうまく結びついた活動ができ ないでしょうか?

例えば、

1.特許流通アドバイザーが全国の大学の研究情報、TLOの情報に精通しTL Oへの一次窓口の役目をになう。(ワンストップサービス)(流通アドバイ ザーに情報を集中させる)

2.情報館のデータベースにTLOの全ての公開特許、未公開特許を登録し検 索できるようにする。未公開情報の登録は困難が予想されるがタイトルと要約だ けでも登録できないか。

→1つめのご質問に対するお答えですが、情報館は大部分のTLOにも特許流通ア ドバイザーを派遣しており、各地域の、例えば県に派遣している流通アドバイ ザーとネットワークを形成しています。このネットワークを活用することにより、 企業ニーズに対応した大学のシーズを探すことができます。 まずは、各県の流通アドバイザーにご相談下さい。もちろん、TLOの流通アド バイザーに直接ご相談いただいても結構です。

2つめのデータベース関係のお答えですが、現状では、大学関係の登録件数は、 6大学で42件と少ない状況です。各大学・TLOへは登録をお願いしているの ですが、各大学は独自に案件の公開をされていたり、特許出願が未公開の案件も 多く、なかなかすぐに登録していただくには、難しいところもございますが、引 き続き働きかけていきたいと思います。なお、公的研究機関の登録は、約7,5 00件あります。

(2)独立行政法人工業所有権総合情報館の業務実績評価表について

工業所有権総合情報館事務局から報告が行われた。

委員から主に以下のとおり質問等があり、その質問に対し、事務局から回答等が行 われた。

・評価表の点数はあくまでも参考で、評価自体は総合的な評定にする必要があると のことですが、委員の皆様に点数をいただいて、その平均点がAとかBとかCと かでてくるわけですが、その評価と総合的な評定との違いをどう受け止めたらい いか。

→結果的には平均点みたいなもので評価しなければならないと思いますが、アン ケートなどで出てくる評価表に出てない部分で尽力されており、それが目にとま るところがあれば、それについては平均点には反映されないが、総合的評定の方 に反映していくこともありうると思う。

・大項目に評定を書くとのことですが、その内容(小項目)のところにはいちいち 評定を入れるのでしょうか。

→例えば、中期計画を実施するうえで、しっかりと仕事をされている場合は、(小 項目のところに)Bを入れていただくということになります。中期計画と今年度 の実績を見比べていただき、ABCを入れていただくことになります。これらを 小項目の積み上げによって(平均点によって)大項目に点数がつくかたちになり ます。

(まとめ)

・今回の意見を踏まえて適宜修正を行い評価委員会に報告することとなった。修正は分科 会会長と事務局に一任された。

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.