経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

独立行政法人評価委員会産業技術分科会(第1回) 議事録

日時:平成15年5月23日(金) 13:00~13:15
場所:経済産業省第4特別会議室(別館3階346号室)

出席者

分科会長
木村孟(大学評価・学位授与機構長)
委員黒川清(東海大学総合医学研究所長)
塩田進(静岡理工科大学学長)
高橋真理子(朝日新聞論説委員)
橋本安雄(関西電力株式会社顧問)
藤嶋昭((財)神奈川科学技術アカデミー理事長)
松重和美(京都大学国際融合創造センター長)
山野井昭雄(味の素株式会社技術特別顧問)
浅井彰二郎(株式会社日立メディコ専務(欠席))
安西祐一郎(慶應義塾塾長(欠席))
岡田恭彦(富士通株式会社経営執行役常務(欠席))

産総研
吉川理事長、小玉副理事長、吉海理事、鹿島理事、小林理事、田中理事

経済省
中村局長、持永技術振興課長、倉田産総研チーム長

議題

(1)産業技術分科会長の互選について
(2)部会の設置について(部会臨時委員の指名)

議事

議事に先立ち倉田チーム長から分科会の新体制について説明。

倉田チーム長:本日は第1回の独立行政法人評価委員会産業技術分科会となる。NEDO 等の独立行政法人化に伴い5月16日付けで経済産業省独立行政法人評価委員会令 の一部改正があり、これまでの産業技術総合研究所分科会が産業技術分科会に改組さ れているところ。委員の皆様へは経済産業大臣から産業技術分科会委員及び臨時委員 の指名がなされているところである。当分科会の分科会長については評価委員会令の 規定により互選となっているので、分科会長が決定されるまでの間は事務局として私 が議事を進行させていただく。

・中村産業技術環境局長挨拶

・配付資料の確認と説明

資料1にあるとおり、NEDOをはじめとして新たな独立行政法人が加わることに伴 い、産業技術分科会が新たに設置され、その下に産業技術総合研究所部会、新エネル ギー・産業技術総合開発機構部会の二つを設置する事が必要となる。

議題(1)産業技術分科会長の互選について

では、議事次第に従い、まず、第一に当分科会の分科会長については、経済産業省独 立行政法人評価委員会令により、委員の互選となっている。僭越ながら事務局の方か ら、従来と同様に産総研分科会長を務めていただいた木村委員に新しい産業技術分科 会の分科会長にご就任いただきたいと思うがいかがでしょうか。

―異議なし―

それでは木村分科会長、今後の議事をよろしくお願いいたします。

木村分科会長:それでは議事に入る前に3月11日に開催した第8回産総研分科会の件に ついてご了承を得たいと思う。前回の分科会では、「役員給与規程の改正」について 議決をし、並びに「平成14年度評価の進め方」について議論していただいたが、残 念ながら定足数に1名足りない状態だったので、運営規程に基づき今回皆様にご報告 させていただき、ご了解をいただく必要がある。前回の議事録については事務局の方 からすでに送付されている事と思うが、それでお認めいただく事でよろしいか。

―異議なし―

議題(2)部会の設置について

木村分科会長:では引き続いて議題の2「部会の設置について」であるが、ただ今事務局 からの説明にもあったとおり、本分科会に産業技術総合研究所部会並びに新エネルギ ー・産業技術総合開発機構部会を設置することとしているが、これは関係法令、経済 産業省独立行政法人評価委員会令第6条及び経済産業省独立行政法人評価委員会運 営規程第7条により分科会の議決をもって部会を置くことができるとなっている。そ れでは、本分科会に産業技術総合研究所部会並びに新エネルギー・産業技術総合開発 機構部会の二つを設置することにしたいがよろしいか。

―異議なし―

それでは、本分科会に2つの部会を設置することと致します。

続いて、産業技術総合研究所部会の臨時委員の指名については、これも関係法令、経 済産業省独立行政法人評価委員会令第6条により分科会長が指名することになって いる。資料2のとおりに委員を指名させていただきたいと存じますがよろしいか。

―異議なし―

ここで第1回産業技術分科会は終了。

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.