経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

【60秒解説】アスタナ国際博覧会:モリゾーとキッコロも応援!

モリゾー・キッコロの画像

2005年に愛知県で開催された「愛・地球博」。その公式キャラクターをつとめていた森の精「モリゾーとキッコロ」が、ミラノ国際博覧会に引き続き、2017年の国際博覧会も盛り上げてくれることになりました。

どこにやってくるの?

中央アジアのカザフスタン共和国で、2017年6月から開催される「アスタナ国際博覧会」にやってきます。アスタナとは、カザフスタン共和国の首都の名前です。このアスタナ博に日本政府が出展する日本館において、モリゾーとキッコロがサポーターをつとめてくれるのです。

アスタナの地図

なにをするの?

アスタナ博のテーマは、「未来のエネルギー」です。CO2の排出削減や、省エネの活用、すべての人類のためのエネルギーに関する最新の取組が、世界中からアスタナに集まります。
そして、森の精のモリゾーとキッコロが、自然のエネルギーを使って、どのようにエネルギーや環境の問題に取り組んだらよいのかを、世界の人々や子どもたちと一緒に、考えてくれます。

他のサポーターはいるの?

日本館のサポーターには、その他にも、科学実験をプロデュースしている米村でんじろうさんや、カザフスタンで落語を披露したことがある桂歌蔵(かつら・うたぞう)さんもいます。万博バッジを650個も集めているシンガーソングライターの嘉門達夫さんも、第一号のサポーターです。

日本ならではの特徴を

大人も驚く面白い科学実験や、舌を巻く伝統落語の話術など、人々に身近なサポーターを通じて、アスタナ博と日本館での展示に興味を持ってもらうのがねらいです。モリゾーとキッコロも、日本ならではのキャラクターとして、アスタナ博を盛り上げていきます。

日本館シンボルマークの画像
【日本館ロゴ及び出展テーマ】

日本を象徴する赤い丸からエネルギッシュに飛び出す3つの色は、在来型のエネルギー、再生可能エネルギー、未来のエネルギーを、そして、それぞれの色が重なり合う部分はエネルギーミックスを意味し、一体となって未来に向けて上昇していくことを表現しています。日本館では、「Smart Mix with Technology ~オールジャパンの経験と挑戦~」をテーマに日本の技術や魅力を情報発信していきます。

関連情報

最終更新日:2017年1月5日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.