輸出貿易管理令の運用について  〔部分品規定部分抜粋〕               

0 輸出貿易管理の対象 (略)                 

0−1 輸出の貨物の範囲 (略)               

1 輸出の許可                                 

 1−0 根拠 (略)                          

 1−1 輸出の許可 (略)                    

  (1) (6)  (略)                          

(7)輸出令別表第1の中欄に掲げる貨物に関する輸出の許可

(イ)輸出令別表第1の解釈
 
輸出令別表第1の解釈は、次の表に掲げるところにより行う。なお、輸出令別表第1中、次の表の「輸出令別表第1の項」の欄に掲げる事項について、それぞれ「輸出令別表第1(これに基づく貨物等省令を含む)中解釈を要する語」の欄に掲げる語は、「解釈」の欄に掲げるところにしたがって解釈するものとし、「解釈」の欄が左右の二欄にわかれているときは、当該「輸出令別表第1中解釈を要する語」欄に掲げる語は、それぞれ左欄に掲げるものを含み、右欄に掲げるものを除くものとして解釈するものとする

 ただし、輸出令別表第1の1から15までの項の中欄に掲げる貨物であっても、他の貨物の部分をなしているもの(ただし、輸出令別表第1の8の項に掲げる貨物であって、貨物等省令第7条において「他の装置に内蔵されたもの」とされている場合を除く。)であって、当該他の貨物の主要な要素となっていない又は当該他の貨物と分離しがたいと判断されるものは、以下の場合を除き、輸出令別表第1の1から15までの項の中欄に掲げる貨物のいずれにも該当しないものとして扱う。               

 

   @輸出令別表第1の1の項(3)若しくは(13)に掲げる貨物、又は、2の項(3)に掲げる    
    貨物であって貨物等省令第1条第三号に該当するもの若しくは4の項(6)に掲げる
    貨物であって貨物等省令第3条第七号に該当するものが、当該他の貨物に混合されて                   
    いる場合。

   A @以外の貨物であって、当該貨物が当該他の貨物に混合されていてその主要な要素
    となっており、当該他の貨物がその状態で当該貨物の用途に用いることができる場合。

 

(注1)他の貨物の部分をなしているとは、ある特定の他の貨物の機能の一部を担ってお
    り、かつ、当該他の貨物に正当に組み込まれ又は混合された状態をいう。
    この場合であって出荷に際し、輸送上の理由等により暫時分離するものについては、
    他の貨物の部分をなしているものと判断される。また、他の貨物が機能するために
    全く必要のないものや、通常の出荷時とは異なる過剰なスペックのものを取り付ける等、
    正当に組み込まれ又は混合されたものでない場合においては、他の貨物の部分をなし
    ているものと判断されな い。


(注2)他の貨物の主要な要素となっているか否かについては、量、価額などを考慮して
    判断するものとする。組み込まれ又は混合されている貨物の価額(輸出令別表第
    1における項の 番号の下の括弧レベル毎に貨物を分類し、組込先又は混合先の
    他の貨物の中に同一の分類となる複数の貨物が含まれる場合には、それらを合計する)
    が組込先又は混合先の他の貨物の価額の10%を超えない場合、組み込まれ又は
    混合されている貨物は組込先又は混合先の他の貨物の主要な要素となっていないと
    判断される。価額は、初期製造時の市場価格を元に判断することを基本とする。


(注3)電子部品にあっては、半田付けの状態にある場合には、他の貨物と分離しがたい
    と判断される。
 

≪戻 る

ページのトップへ≫

                                               Topページ経済産業省|サイトマップ

                    Copyright (C) 2002 Ministry of Economy, Trade and Industry A Right Reserved