経済産業省
文字サイズ変更

愛知県

愛知県HP:http://www.pref.aichi.jp/0000024415.html
EV・PHVの本格的な普及に向けた実証実験として国が募集した「EV・PHVタウン」モデル事業に応募し、第一期EV・PHVタウンとして選定されました。電力会社、自動車メーカー、関係事業者や市町村とともに、「あいちEV・PHV普及ネットワーク」を設立し、連携、協力して、(1)初期需要の創出、(2)充電インフラの整備、(3)普及啓発、(4)効果評価等といった取組を実施しました。

環境にやさしいクルマの普及を応援しています


アクションプランの概要

普及目標(2013年度)

・名古屋市、岡崎市、豊田市、安城市で集中的にモデル事業を実施する。
・関係企業や自治体など、ネットワーク参加者との協働によりモデル事業を展開する。

時 期 (1) EV・PHVの普及目標 (2) 充電インフラの整備目標 (3) CO排出量の削減効果
短 期
(2013年前後)
EV・PHVの県内
新車販売で2,000台
累計100基(自家用除く) 4,000t以上
中期
(2020年前後)
次世代自動車全体で、
県内新車販売の2台に1台
累計300基(自家用除く) 400,000t以上
長 期
(2050年前後)
次世代自動車全体で、
県内新車販売の4台に3台
累計1,000基(自家用除く) 平成16年度比で
60%~80%減

初期需要の創出

・ネットワーク参加者の率先導入により、EV・PHV の普及への起爆剤とする。
・車両の幅広い利用を通じ、EV・PHVに対する地域住民の認知度を向上させる。

取組項目 平成21年度に実施する内容
(a) EV・PHV普及のための推進体制づくり 「あいちEV・PHV普及ネットワーク」を設立する。
(b) EV・PHVの通勤、業務利用 ネットワーク参加者は率先して通勤、業務利用する。
(c) 公用車への率先導入 自治体は率先導入を行う。
(d) カーシェアリングやレンタカーへの導入 導入手法の検討を行う。
(e) パークアンドライドでの利用 導入手法の検討を行う。
(f) PHVと太陽光発電の一体的な普及 本格運用のための準備を行う。
(g) 電気自動車等に係る実証試験事業(環境省実証試験事業) 実施する。

充電インフラの整備

EV・PHV の普及促進を後押しする充電設備の整備をすみやかに進める。

取組項目 平成21年度に実施する内容
(a) 施設への充電設備の整備 充電設備を順次整備する。多機能化の仕様を検討する。
(b) 普通充電設備を中心に整備 迅速に整備する。
(c) 充電設備の情報発信 仕様を検討する。
(d) 集合住宅での整備 充電設備の整備可能なマンション開発事業者等への働きかけをする。

普及啓発

EV・PHV の普及啓発につながる取組を複合的に実施する。

取組項目 平成21年度に実施する内容
(a) 共通ロゴマークをEV・PHVや充電インフラに貼付 ロゴマークのデザインを決定する。
EV・PHVや充電設備等に貼付するなどして活用する。
(b) リーフレットの作成、配布 リーフレットを作成し、イベント等で配布する。
(c) 試乗会、展示会の実施 随時実施する。
(d) 広報活動 随時実施する。
(e) EXPOエコマネーの活用 活用の可能性を検討する。
(f) 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)での利用 関係者への調整を行う。

愛知県EV・PHVタウン推進アクションプラン愛知県EV・PHVタウン推進アクションプラン

ページTOPへ戻る

マスタープランの趣旨

計画の目的、位置づけ

国では、平成20年7月に、低炭素社会の実現を目指した「低炭素社会づくり行動計画」を定め、その中で自動車に関しては、2020年には新車販売のうち2台に1台を電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)等の次世代自動車とするという目標を掲げている。

本県は、自動車の保有台数が多く、通勤や買物等で自動車を利用する割合が非常に高いことから、企業の従業員の通勤や営業等、あるいは住民の日常生活における買物等で、EV・PHVの利用を促進することにより、企業や個人ユーザーに対する初期需要の創出が期待でき、その普及によりCO2の削減が大幅に促進できる社会環境にある。

こうしたなか、三菱自動車工業株式会社技術センター( 岡崎市) において開発されたEVが、平成21年7月下旬に市場投入され、トヨタ自動車株式会社の県内工場で生産されるPHVが、12月に市場投入された。

このような本県の自動車を取り巻く状況を考えると、EV・PHVの早期普及のための先行的な取組を行うことは、モノづくりの発展と環境先進県を目指す本県にとって意義がある。

愛知県EV・PHVタウンマスタープラン(平成22年度改訂版・本編)愛知県EV・PHVタウンマスタープラン(平成22年度改訂版・本編)
愛知県EV・PHVタウンマスタープラン(平成22年度改訂版・資料編)愛知県EV・PHVタウンマスタープラン(平成22年度改訂版・資料編)

ページTOPへ戻る

特徴的な取組

「EV・PHVタウン」モデル事業のシンボルとして、共通ロゴマーク入りステッカーを作成し、EV・PHVや充電設備等への貼付を開始した。

EV・PHVや充電設備に関する、幅広い県民の理解を深めるため、総合的な情報提供資料として、リーフレットを作成する。リーフレットは印刷版及びデジタル版を作成する。デジタル版は県のホームページに掲載し、ネットワーク参加者がダウンロードして有効活用する。

EV・PHVの試乗会は、車両のよさを実感できることから、市町村、自動車メーカー、自動車販売会社、充電器メーカー等と連携、協力して、積極的に実施する。

共通ロゴマーク
共通ロゴマーク
展示会の様子
展示会の様子


get_adobe_reader
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Reader が必要です。ダウンロード(無料)は こちらから。

ページTOPへ戻る


経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.