経済産業省
文字サイズ変更

岡山県

岡山県HP:http://www.pref.okayama.jp/soshiki/kakuka.html?sec_sec1=28
岡山県では、県内のEVの普及推進のため、平成21年4月、メーカー、電力会社、経済団体、学識経験者、行政機関等で構成する岡山県電気自動車等普及推進協議会を設立し、電気自動車の普及を関係団体等に働きかけるとともに、同年7月以降、公用車の率先導入として、県が20台、9市町で29台、さらには、民間事業者で、タクシー2台を含む68台を導入しており、個人の導入も含めると約140台のEVが県内に導入されている。
また、急速充電器については、県庁舎や総合出先事務所である県民局に計4台を設置しており、自動車販売店、ガソリンスタンドなどの設置も合わせ、計7台の急速充電器が一般利用向けに設置されている。
さらに、EVの普及に一層の弾みを付けるため、今年度中に県内数カ所へ急速充電器を設置するよう検討している。
また、このほか、県及び1市3町がEVの導入促進補助制度を創設するなど、官民が連携してEVの普及促進に取り組んでいる。
これらの取組を踏まえ、以下の3つの柱(1.戦略的な普及促進、2.電気自動車に関する学習機会の提供、3.研究開発拠点の整備)を重点施策として、EVの普及推進の取組を進める。


提案書

普及目標

第一期応募時の目標では、平成25年度の電気自動車の普及目標を700台としていたが、各自動車メーカーの開発状況や今後期待されるコストダウンの状況等から、目標台数を上積みし、800台とする。
また、岡山県では、既に「岡山県省エネルギービジョン」により、平成27年度の電気自動車の普及目標を1,000台と設定している。
平成32年度の普及目標は、現時点では設定していないが、今後2,000台を目標に取組を進める。
なお、目標とするCO2排出量の削減効果については、当面の普及車種をアイ・ミーブ、年間走行距離を1万kmと仮定した場合、1台当たり約1トンと想定しており、将来の普及車種の増加や技術革新等に応じ、適宜見直すこととする。

初期需要の創出

既に県内においては、自治体や民間企業における率先導入が進んでおり、一部には乗車体験事業も実施されている。また、岡山県のほか4市町において導入促進補助制度があるなど、電気自動車の普及に対する自治体の意識は他県に比べ比較的高いと言える。このような状況を踏まえ、これまでの取組をさらに推進するとともに、今後は民間への広がりが重要となることから、岡山県電気自動車等普及推進協議会を通じてレンタカー業界への率先導入などを働きかけることとしている。

充電インフラの整備

これまで、行政による急速充電器の率先導入はある程度進展してきたが、急速充電器の設置は県南に偏っており、県北地域での普及が望まれる。このため鳥取県と連携し、大山蒜山高原地域の雄大な自然を活用した観光ルートを設定し、観光ルート内で両県が連携して急速充電器を整備するとともに、県北部と南部をつなぐ県下全域で充電インフラの整備とEVの普及を推進するため、今年度中に県内数カ所へ急速充電器を設置するよう検討を行う。
一方で、県内に半径30km円を描き、急速充電器設置候補地を特定し、重点的な補助制度の創設により急速充電器の設置を促進するとともに、今後、電気自動車の本格的な普及に向け、多様な民間主体が地域の実情に応じた充電器を設置していく必要があることから、県南のコンビニ事業者や県北の温泉エリア内の旅館業者等に充電器の設置を促すため、重点的な補助制度を創設する。
また、東西南北の高速道路網の結節点としての岡山県の特長を生かし、急速充電器の県境を跨いだ広域的な連携・活用を促進し、EVによる長距離移動の利便性を向上させる必要があることから、中国・四国各県や高速道路会社等の民間事業者から構成される広域EV会議(仮称)を活用し、広域の急速充電器活用方策を検討する。
なお、平成22年10月17日には、鳥取県と連携し、蒜山高原/大山・奥日野地域におけるEV観光の効果や快適性を把握するため、EVで走行するEV観光モデルルート調査事業を実施したところであり、地元の観光関係者により構成される調査員からは、「EVは排気ガスや騒音を発生させず、高原地域における環境保全・観光資源保全の観点から優れた移動媒体である。」との意見が寄せられたところである。

普及啓発

今後の電気自動車の本格的な普及のためには、次世代を担う子供たちが電気自動車を正しく理解することが重要であり、電気自動車普及協議会の支援のもと、小・中学生が電気自動車に関する情報や知識を正しく学べるよう学習の機会を提供する。このことにより、子供たちが電気自動車を通して地球温暖化など環境問題に興味を持ち主体的に学習するきっかけとなることを目的とする。
また、あらゆる機会を捉え、三菱自動車工業株式会社と岡山県や市町村が協力して開催する電気自動車アイ・ミーブ試乗会等を通じて電気自動車の特徴や環境経済面からの優位性を県民の方々に説明するなど普及啓発を図る。

岡山県EV・PHVタウン提案書

アクションプラン

岡山県EV・PHVタウン推進アクションプラン岡山県EV・PHVタウン推進アクションプラン


get_adobe_reader
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Reader が必要です。ダウンロード(無料)は こちらから。

ページTOPへ戻る


経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.