経済産業省
文字サイズ変更

大阪府

大阪府HP:http://www.pref.osaka.jp/energy/sinenerugi-/index.html
大阪府では、自動車部門におけるCO2排出削減の包括的プランである「大阪エコカー普及戦略」をH21年12月に策定し、H32(2020)年に大阪の自動車の2台に1台をエコカーとすることを目標に、EV・PHVを含む多様なエコカーの普及に取組んでいる。具体的には、H22年5月に「大阪エコカー協働普及サポートネット」(資料2)を発足し、エコカーの導入やインフラ整備、啓発事業などの活動を官民協働で推進するとともに、EV・PHVに必要なインフラとして、H24(2012)年までに200V充電設備を府内に1,300箇所整備する目標を掲げ、官民協働による基金を設立、充電インフラの設置助成等に取組んでいる。


提案書

普及目標

将来像
○EVに関する大阪発イノベーションを数多く産み出すとともに、「EVリーディング都市・大阪」のブランドを確立し、関連する企業・人材・資金の集積を図る

EV・PHVの普及目標
○「大阪エコカー普及戦略」において、今後10年間の目標として、EV・PHVを含む多様なエコカーの普及目標を設定
・エコカーの普及目標H32(2020)年:約180万台(保有ベース)
・この目標は、大阪府内の自動車2台に1台をエコカーにすることに相当
・EV・PHV の車種別目標として、H32(2020)年:EV31,000台、PHV21,000台 計52,000台
○また、中間目標を設定
・H27(2015)年:EV7,000台、PHV5,000台 計12,000台

充電インフラの整備目標
○急速充電:EV利用者の不安を解消し、安心して走行できることを目的に設置
H22(2010)年度末までに 20箇所(ただし、電力会社設置分は除く)
※世界初の充電予約・認証システム「おおさか充電インフラネットワーク」に接続
○200V充電:まちなかでの継足し充電用として、商業・集客施設などに設置
H24(2012)年度末までに1,300箇所

初期需要の創出

○公用車への率先導入
・「大阪府エコカー導入指針」によるEV・PHVへの代替促進
・府内市町村におけるEV・PHVの導入促進
○初期需要の創出に向けた誘導策の実施及び検討
・エコカー利用のインセンティブモデルの構築
・府独自の経済支援策に関する検討
○公的財産活用や公共交通と連携したEV・PHVの普及推進
・EV・PHV拠点として公共施設等を有効活用、カーシェアリングなどのEV ビジネス育成を図る
・フェリカカード等を利用した、公共交通機関との連携
○官民協働によるEV・PHVの普及推進
・「大阪EVアクション協議会」及び「大阪エコカー協働普及サポートネット」の構成メンバーによる、EV・PHVの導入促進、啓発活動等の取組み実施

充電インフラの整備

○急速充電器
・関係者と連携し、様々な財源を活用して整備を進める
○200V充電設備
・「おおさかエコカー普及環境整備基金」を活用した助成事業を実施
・民間事業者が保有する充電設備の一般開放
・府内の公共施設や民間施設を対象に、新築改修など施設整備にあわせた導入促進

普及啓発

○EV・PHV魅力体感の機会創出
・試乗会、啓発イベントの開催
・府内市町村・民間イベントとの連携コラボ
・EV タクシーへの支援
○各種広報媒体を通じた啓発周知
・ホームページによる関連施策の情報発信
・民間広報媒体の積極活用(機関誌等)

大阪府EV・PHVタウン提案書

アクションプラン

大阪府EV・PHVタウン推進アクションプラン大阪府EV・PHVタウン推進アクションプラン


get_adobe_reader
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Reader が必要です。ダウンロード(無料)は こちらから。

ページTOPへ戻る


経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.